hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > DXCC > <DXerにとって目標の1つ「DXCC」>メンバー入会記念、ARRL発行の“DXCCピンバッジ”がヤフオクに出品


<DXerにとって目標の1つ「DXCC」>メンバー入会記念、ARRL発行の“DXCCピンバッジ”がヤフオクに出品

海外局との交信を始めたばかりのハムにとって、目標の1つは100以上のエンティティー(国や地域など、現時点で339存在)からQSLカードをコンファームすることで入会申請ができる、ARRL(アメリカのアマチュア無線連盟)が発行する「DXCC(DX Century Club)」だろう。DXCCデスクからメンバー入りが認められると、会員証を意味する賞状とメンバーの証であるピンバッジが贈呈される。そのDXCCピンバッジがヤフオクに出品されている。

 

いつの時代のものか不明だが、ARRLが発行する「DXCCピンバッジ」がヤフオクに出品された(ヤフオクの画面から)

 

 

 以前、同様のDXCCピンバッジがヤフオクに出品されたことがある(2016年6月27日)。実は現在贈呈されるDXCCピンバッジ、電波型式や衛星通信など部門が分かれ、交信の電波型式が混じっている場合は「Mixed」、電話は「Phone」、電信は「CW」といった具合にピンバッジ自体に記載されている。また発行された時代、時期などで書体など微妙な違いがある。

 

 今回、出品されたピンバッジには、「Mixed」「Phone」「CW」の表記がなく、古いタイプのもだと推測される。いつの時代のものか不明だが、全体的に黄色味かかっている。

 

 オークションは2,000円からスタート。本来、100以上のエンティティーからのQSLカードを受領し、申請することで得られるピンバッジであるため話題になっている。

 

 

 

↓この記事もチェック!

 

<スタート価格は4,000円!!>未交信が9エンティティー以下になるともらえる「DXCCオナーロール楯」がヤフオクに出品中

 

<たった“500円から”スタート>DXCCピンバッジ(CW)とエンティティーが増えると発行されるステッカー2枚がヤフオクに出品される

 

 

 

●関連リンク:
・★☆DXCCアワード副賞のピンバッジ◆ARRL謹製☆★(ヤフオク)
・DXCC(ARRL)
・DXCC Lapel Pins(ARRL)

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」