hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > ライセンスフリー無線 > <年会費3,500円(税込)で年6回転送>ライセンスフリー無線のための“QSLカード転送サービス”「A4マニアックス転送倶楽部」11月1日スタート!


<年会費3,500円(税込)で年6回転送>ライセンスフリー無線のための“QSLカード転送サービス”「A4マニアックス転送倶楽部」11月1日スタート!

ユニークなデザインのQSLカード印刷などを手がける「A4マニアックス(サンケイ広伸社)」では、2017年11月1日から、特別な資格が必要なく無線が楽しめる“ライセンスフリー無線”向けのQSLカード転送サービス「A4マニアックス転送倶楽部」を開始する。2か月に1度の転送で年会費は3,500円(税込)だが、2018年4月27日までに申し込み・入金した場合は年会費3,000円(税込)でサービスが受けられる。またメンバーになると、ライセンスフリー無線のコールサインを使用した同社のQSLカードや名刺の作成、およびログブックが5%OFFで購入できる特典もある。

 

 

フリラー各局に朗報! ライセンスフリー無線QSLカードの交換開始をうたう「A4マニアックス転送倶楽部」

 

 

 アマチュア無線の世界では、長年の習慣として交信相手局と「QSLカードの交換」が行われ、大きな楽しみにもなっている。日本では一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)が会員向けに転送サービス(QSLビューロー)を行っていることはご存知の通りだが、特小・デジ簡・合法CBといったライセンスフリー無線の愛好者(通称:フリラー)の間でも、交信相手とのQSLカード交換を行いたいという声が少なからず上がっていた。

 

 しかし、ライセンスフリー無線の場合、自分の好み(好きな文字列)で決めることができるコールサインを網羅した公的データベースや局名録のような資料が現在はなく、個人情報保護の観点などから自宅住所を公表するフリラーも少ないため、交信後のQSLカード交換が習慣として完全に根付くところまではいかなかった。

 

 それらの問題を解決し、ライセンスフリー無線でも安心してQSLカード交換が楽しめるよう、「A4マニアックス(サンケイ広伸社)」は2017年11月1日(水)から同社が発足させる会員組織(A4マニアックス転送倶楽部)のメンバーを対象としたQSLカード転送サービスをスタートさせることになった。

 

 年会費は3,500円(税込)で2か月に1回の転送となるが、キャンペーンとして2018年4月27日までに申し込み・入金すると500円引きの年会費3,000円(税込)でサービスが受けられる。そのほか、メンバーになるとライセンスフリー無線のコールサインを使用した同社のQSLカードや名刺の作成、および同社のログブックが5%OFFで購入できる。

 

 なお「ライセンスフリー無線のコールサインを1人で複数使用している人も、転送に登録できるコールサインは1つのみ」であること、「先にA4マニアックス転送倶楽部に登録されているものと同一コールサインで、別局からも登録の申し込みがあった場合、後から申し込んだ方へはその旨を知らせるので、コールサインを変更し再度の申し込みが必要(=登録コールサインは先着順)」といった、アマチュア無線のQSLビューローにはない独自の規定が設けられている。

 

 

 

 

「A4マニアックス転送倶楽部」概要(一部抜粋)

 

 

1.会員について

 

■会員資格
 日本国内でライセンスフリー無線を楽しむすべての方は会員になっていただけます。

 

■会費
 年会費3,500円(税込)をお支払い、弊社に登録を行った局が利用できます。なお、一つのコールサインを使用して複数人で会員となることはできません。またお一人の会員が複数のコールサインを登録することはできません。なお、2018年4月27日までにお申し込み、ご入金の方は¥3,000円(税込)で一年間会員になっていただけます。継続された場合は通常金額に戻ります。

 

■お届けいただく事項
 弊社の用意する「入会申込書」(下記にリンクを張っています)に必要事項をご記入いただき、メールかFAX、または郵送をお願いいたします。お名前、コールサイン、郵便物が届くご住所(私書箱は不可)、電話番号(携帯可)は必須ですが、電子メールアドレス、無線などで使用するハンドルは任意です。なお、必要事項が満たされていれば様式は問いません。会員期間中にお届けいただいた事項内に変更が発生した場合は速やかにご連絡ください。

 

■コールサインについて
 先に弊社に登録されているものと同一のコールサインで別局からお申し込みがあった場合は、後からのお申し込みをされた方にその旨をお知らせしますので、コールサインを変更して、再度お申し込みをお願いいたします。また、お申し込みのコールサインが公序良俗に反する、公正、品性を欠くものと弊社が判断した場合は登録をお断りする場合があります。

 

■会員期間
 一年間が原則です。一年間とは会費を納めていただいた月の翌月1日から、12か月後の弊社営業最終日までを言います。

 

■会員期間の継続
 会費が切れる日(弊社営業日)までに再度会費を入金してくだされば継続となります。

 

■会員特典
 フリーライセンス無線のコールサインを使用したQSLカード、名刺の作成、およびログブックをカタログ記載価格から5%オフで提供します。

 

 

 

2.転送希望のQSLカードについて

 

■会員からのカードの送付
 会員は会員負担で転送希望のカードを弊社までお送りください。発送方法は任意です。また弊社への直接のお持込も受け付けます。

 

 送付先:〒132-0035 東京都江戸川区平井6-20-6
 株式会社サンケイ広伸社 A4マニアックス転送倶楽部

 

■カードを送付する際のお願い
 転送希望先のコールサインはカード短辺近くに記入し、コールサインの頭に「to」、または後ろに「宛」を付記してください。転送希望のカード弊社に送付する場合、カードを「地名の五十音順→アルファベット順→数字順」にしておいてください。

 

■転送方法
 弊社からの転送は日本郵便や宅配便等を使用します。なお、直接のお渡しは出来ません。また会員からの配送会社の指定や、受け取り日時の指定はできません。

 

■転送回数
 会員となった月の翌月上旬から2か月おきに発送します。一年間に6回となります。転送するカードがない場合は発送をいたしません。

 

■転送可能なカード
 ・会員から他の会員へ発行されたもの
 ・ライセンスフリー無線を使用した交信のデータのみが記載されているもの
 ・大きさが名刺サイズ(91×55mm)から148×100mmまでのもの
 ・重量は一枚4グラムまで
 ・コールサイン、デザインが日本国の法律、また公序良俗に反しないもの
 ・その他、弊社で転送可としたもの
 ・転送不可のカードは通告無しに破棄いたします。ただし、「転送不可の例」として、弊社サイトにアップすることがあります。その際、個人に関わる情報(デザインを含む)は加工し判別できないようにいたします。

 

 

 

「A4マニアックス転送倶楽部」申込書。下記、関連リンクからダウンロード(PDF形式)できる

 

 

 

 詳しくは下記の関連リンクから「A4マニアックス転送倶楽部のご案内とお願い」で確認してほしい。

 

 

 

↓この記事もチェック!

 

<各種フォーマットの無償提供も人気!!>A4マニアックス、BCL/SWLファン向けの「受信ログブック」を発売開始、表紙に名入れサービス中

 

 

 

 

●関連リンク:
・A4マニアックス転送倶楽部のご案内とお願い
・A4 マニアックス転送倶楽部 入会申込書(PDF形式)
・A4マニアックス(サンケイ広伸社)
・オリジナル撮影+印刷(A4マニアックス)
・A4マニアックスfacebook

 

 

 

●おすすめ記事:

25~1300MHz 周波数発見に特化   “多機能スキャナー”搭載!ユニデン「BCD436HP」【並行輸入品】
オールバンドデジタルラジオ    DSP処理TECSUN「PL-380」       【日本語説明書】