hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARD > <11月11~12日に代々木公園で開催>JARDがアマチュア無線をPR、「東京雪祭2017」の模様


<11月11~12日に代々木公園で開催>JARDがアマチュア無線をPR、「東京雪祭2017」の模様

2017年11月11日(土)と12日(日)、人工降雪機で雪を積もらせ、来場者が雪遊びやソリを楽しんだり、スノーボード競技を観戦できるというイベント「東京雪祭2017」が東京都渋谷区の代々木公園で開催された。一般財団法人 日本アマチュア無線振興協会(JARD)は会場内にブースを出展し、来場者にアマチュア無線のPRを行った。

 

「東京雪祭2017」の会場風景

 

 

 代々木公園で11月11日(土)と12日(日)に開催された「東京雪祭2017」には2日間で44,000名以上が参加し、都心での雪遊びやスノーボード競技の観戦、さまざまなアーティストによるステージを楽しんだ。

 

 JARDはこのイベントにスポンサーとして加わり、講習会の事務代行機関である埼玉県狭山市のアマチュア無線クラブ「スタークラブ」(JQ1ZWO)のスタッフと共に、雪山(バックカントリー)におけるアマチュア無線の必要性や養成課程講習会の紹介などを行った。そのイベントの模様を関係者から提供された写真で紹介しよう。

 

 

<東京雪祭2017の模様>

 

来場者がソリ遊びを楽しんだ

スノーボード競技の模様

人工降雪機で降らせた雪で自由に遊べるコーナーも設けられた

来場者はさまざまな展示や体験コーナーを楽しんだ

「東京雪祭2017」にはJARDもスポンサーとして加わり、看板にはロゴマークも掲示

 

 

<JARDブースの模様>

 

会場内のテントにJARDブースを設営

来場者にアマチュア無線をPR

JAIA加盟会社(アイコム、JVCケンウッド、アルインコ)の協力で現行のアマチュア無線ハンディ機を展示

養成課程講習会のチラシと各社のカタログを配布

自由に体験できる特定小電力トランシーバーも用意

雪山(バックカントリー)におけるアマチュア無線の必要性を訴求するポスターや、スタークラブのメンバーによる無線サイトのPRグッズも配布

ブースで無線の活用方法を説明

 

 

●関連リンク:
・東京雪祭2017
・JARDホームページ
・スタークラブ

 

 

 

●おすすめ記事:

25~1300MHz 周波数発見に特化   “多機能スキャナー”搭載!ユニデン「BCD436HP」【並行輸入品】
オールバンドデジタルラジオ    DSP処理TECSUN「PL-380」       【日本語説明書】