hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > DXCC > <ルール一部変更!世界各地でDXペディションも>日本時間で11月25日(土)9時から48時間、「2017 CQ World Wide DX Contest(CW)」開催


<ルール一部変更!世界各地でDXペディションも>日本時間で11月25日(土)9時から48時間、「2017 CQ World Wide DX Contest(CW)」開催

世界規模のDXコンテストとして有名な、US CQマガジン主催の「CQ World Wide DX Contest」。10月28日のSSB部門に続き、今度は日本時間の2017年11月25日(土)午前9時から48時間にわたりCW部門が開催される。期間中に合わせて、各地からDXペディションも計画されているなど、歴史もあって参加局も多い有名DXコンテストだ。CWということもありローパワーでもDX局との交信に期待できるだろう。SSB部門同様に「マルチオペ・シングルTX部門の送信機の定義の変更」「証拠の録音データの提出順位の変更」など、今回からルール変更が行われているので注意しよう。

 

 

 

 日本時間で2017年11月25日(土)午前9時から11月27日(月)午前8時59分59秒までの48時間、US CQマガジン主催のコンテスト「2017 CQ World Wide DX Contest(CW)」が、160m、80m、40m、20m、15m、10mの各バンドで開催される。

 

 コンテストのナンバー交換は「RST符号による相手局のシグナルレポート」+「CQゾーン番号(JA局は25)」のみのため、短時間で交信が成立する。相手局もコンテストで高得点を上げることが目的のため、弱い信号の局でも“聞き取る努力”をしてくれる。とくにCWによるコンテストは、コンディションに左右されず交信できるチャンスがさらに増えるだろう。

 

 

 今回の「CQ World Wide DX Contest」から、以下のルール変更が行われている。
 (JARLメールマガジン第277号 2017/08/07から抜粋)

 

 


 

●CQ World Wide DXコンテスト(SSB/CW)規約の一部改正

 

 

 アメリカCQマガジン社の「CQ World Wide DXコンテスト」は、参加者が非常に多いDXコンテストとして世界的に有名ですが、このほどCQマガジン社は、同コンテストの規約の一部の改正を行いました。

 

 今回の規約の主な改正点は、

 

1.マルチオペ・シングルTX部門の送信機の定義の変更

 

2.証拠の録音データの提出順位の変更

 

3.第1地域での7,200kHz以上と1,810kHz以下でのコンテスト参加禁止

 

4.ログチェックで見つかったコールサイン受信誤り(交信不成立コール誤り)のペナルティー比率を2:1から3:1に戻し、マルチオペ・シングルTXおよび2TXで10分間ルールを避けるために、ログの交信時刻を修正した場合のペナルティーはQSOポイントおよびマルチの10倍とする等に関する細部の内容で、コンテスト規約全体に係る大きな改正ではあり ませんが、マルチオペ・シングルTX、2TX部門での参加を予定されているクラブ局等は、最新版の規約を確認するようにしましょう。

 

 

  なお、今年のCQ World Wide DXコンテストは、SSB部門が10月28日(土)09:00~30日(月)08:59(JST)、CW部門が11月25日(土)09:00~27日(月)08:59(JST)に開催されます。

 

 

・ARRL Webの関連記事
http://www.arrl.org/news/cq-announces-rule-changes-for-2017-cq-world-wide-ssb-and-cw-events
・アメリカCQマガジン社のFAQ
http://cqww.com/rules_faq.htm

 


 

 ログの提出期間はコンテスト終了後5日以内となる日本時間で12月2日(土)午前8時59分(日本時間)まで。

 

 コンテスト参加前に下記関連リンクから主催者のWebサイトにアクセスし、公式ルールを確認してほしい。

 

 

日本語で記載されている「CQ World Wide DX Contest」のルール(一部抜粋)

 

 

 CQ World Wide DX Contestは、ほかのコンテストとは違う特徴がある。毎年このコンテストに合わせて、さまざまなエンティティーからのDXペディションが計画されているのだ。

 

 それらの計画を一堂にチェックできるサイトもある。特に有名なのが「NG3K Amateur Radio Contest/DX Page」だろう。ぜひ下記の関連リンクからチェックしてみよう。

 

 

「2017 CQ World Wide DX Contest(CW)」に併せて計画されているDXペディション(NG3K Amateur Radio Contest/DX Pageから)

 

 

 

●関連リンク:
・The 2017 CQ World-Wide DX Contest(SSB)規約(英語)
・The 2016 CQ World-Wide DX Contest(SSB)規約(日本語/PDF形式)
・CQ World-Wide DX Contest
・2017 CQ World Wide DX Contest(PDF形式)
・NG3K Amateur Radio Contest/DX Page「CQ World Wide DX SSB Announced Operations:2017」
・JARLメールマガジン第277号 2017/08/07(JARL Web)

 

 

 

●おすすめ記事:

25~1300MHz 周波数発見に特化   “多機能スキャナー”搭載!ユニデン「BCD436HP」【並行輸入品】
オールバンドデジタルラジオ    DSP処理TECSUN「PL-380」       【日本語説明書】