hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARD > <写真で見る>500名を超える来場者で賑わった「アマチュア無線フェスタ2017 JARD in 秋葉原」(11月26日開催)の模様


<写真で見る>500名を超える来場者で賑わった「アマチュア無線フェスタ2017 JARD in 秋葉原」(11月26日開催)の模様

一般財団法人 日本アマチュア無線振興協会(JARD)は2017年11月26日(日)に、今年で3回目となるイベント「アマチュア無線フェスタ2017 JARD in 秋葉原 ~HAMtteまつり~」を開催、500名を超える来場者で賑わった。その模様を写真で紹介しよう。

 

 

会場となった「秋葉原コンベンションホール」は秋葉原駅前のダイビル5階。建物前では秋葉原案内所の女性ガイドがイベントのPRを行っていた

イベント開催の冒頭であいさつする、JARD会長の三木哲也氏(JA1CIN)

 

 

 JARDは2015年から毎年この時期に東京・秋葉原で「アマチュア無線フェスタ」を開催している。今回は会場の秋葉原コンベンションホール内を「講演エリア」「サイエンスエリア」「初心者向けのHAMtteエリア」「メーカーや団体の展示エリア」の4つに拡充。来場者は当日申し込みを含めて500名を超え、昨年同様の盛況ぶりとなった。

 

 

<講演エリア>
 講演エリアでは、一般社団法人 日本ドローン無線協会(JDRI)代表理事の酒井淳一郎氏による「ドローンの楽しみ方とアマチュア無線」、NHK解説主幹の柳澤秀夫氏(JA7JJN)による「テレビの舞台裏」、第一電波工業の小林氏による「アンテナ利得の捉え方」、南極・昭和基地にいる吉川隊員(JG2MLI)とインターネット回線で結んだ「南極観測隊の今、基地の仕事と生活」といった講演が行われたほか、お昼の時間帯にはJARDの業務PRと、総務省による「無線局免許証票の廃止や免許申請書の様式改定などの省令等改正」の説明が行われた。どの講演も用意された180席がほぼ埋まり、一部は立ち見も出る状態だった。

 

一般社団法人 日本ドローン無線協会(JDRI)代表理事の酒井淳一郎氏による「ドローンの楽しみ方とアマチュア無線」の講演

人気情報番組「あさイチ」のレギュラー出演者であるNHK解説主幹の柳澤秀夫氏(JA7JJN)は「テレビの舞台裏」をテーマに講演。同番組の裏話をたっぷり聞くことができた

第一電波工業の小林氏による「アンテナ利得の捉え方」の講演

南極・昭和基地にいる吉川隊員(JG2MLI)による「南極観測隊の今、基地の仕事と生活」の講演。会場側は南極OB会の小林氏が担当

昭和基地での生活や観測活動、過酷な自然環境などをユーモアたっぷりに紹介

総務省による「無線局免許証票の廃止や免許申請書の様式改定などの省令等改正」の説明

 

 

<サイエンスエリア>
 サイエンスエリアでは、南極OB会による南極観測関係の展示(南極の石、氷、防寒服、各種写真)とグッズ販売、東京都武蔵野市に設置されている「電子情報通信学会100周年記念局(8J100EIC)」のリモート運用コーナー、FMラジオやモールス通信機を作る「子ども電子工作教室」が開設された。
 なお会場から8J100EICと、南極・昭和基地の8J1RLの短波帯による交信にもチャレンジしたが、コンディションが芳しくなく、残念ながら交信は成功しなかった。

 

南極OB会アマチュア無線クラブがブースを出展、南極の石、氷、防寒服、各種写真などの展示を行った

「電子情報通信学会100周年記念局(8J100EIC)」を会場からリモート運用

8J100EICはゲストオペレートも可能だった

子ども電子工作教室はJARL東京都支部が協力。FMラジオの製作を完成させた子供たちの記念写真

南極・昭和基地の吉川隊員とインターネット回線で打ち合わせを行い、8J1RLと8J100EIC間の交信に挑戦したが、コンディションに恵まれず実現できなかった

 

 

<HAMtteエリア>
 入門者向けの「HAMtte(ハムって)エリア」では、「初心者のための開局テクニック」や「初心者のためのモールス通信」と題したセミナーが開催された。またJARD主催の養成課程講習会を修了した人の“交流サイト”である「HAMtte」のメンバーらが集合した交流会が行われ、女優でJARDのアマチュア無線ナビゲーターを務める松田百香(JI1NYO)の司会で自己紹介を行い、初めてのアイボールQSOを楽しんだ。

 

「初心者のための開局テクニック」セミナーの模様

「初心者のためのモールス通信セミナー」の模様

女優の松田百香(JI1NYO)の司会で、JARD受講者交流サイト「HAMtte」のメンバーが和気あいあいとしたアイボールQSOを楽しんだ

 

 

<メーカーや団体の展示エリア>
 展示エリアには過去最多となるメーカー6社、出版・周辺機器の展示販売4社、クラブ・団体・官庁など5団体がブースを出展した。
 さまざまなデザインのガラス製コールサインプレートを製造販売している「エッチング工房プラネ」は、今回がアマチュア無線のイベントの初出展で、秋田県から参加した。そのほか茨城県のコミュニティ放送局「FMぱるるん」は、会場内でアマチュア無線番組の公開収録も行った。また女性ハムの集まりであるJLRS(Japan Ladies Radio Society)はブースから来場者向けに特別局の8N60JLRSを運用し、その場でQSLカードの発行を行っていた。

 

展示エリアは講演の合間を中心に大盛況だった

電子申請をPRする関東総合通信局のブース

JARLブースは青少年のお試し入会キャンペーンをPR。山之内俊彦JARL前会長(JA7AIW)は来年3月11日に仙台市で開催する「東北復興アマチュア無線フェスティバル」のPRを兼ねて訪れた

主催者のJARDもブースを出展。12月以降の保証業務などを案内

全国高等学校アマチュア無線連盟のブース

JLRS(Japan Ladies Radio Society)のメンバーの集合写真

特別局8N60JLRSを会場内で運用

FMぱるるんはアマチュア無線番組の公開収録を行った

 

 

各ブースの写真つづき、抽選会の模様は次ページに掲載!

 

 

次ページに続く

 

1 2

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」