hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > アワード情報 > <2018年1月1日から2020年12月31日まで>虹にちなんだ文字を含むアワード対象地と交信! ACCが「アワード虹をわたって(略称:虹アワード)」を発行

<2018年1月1日から2020年12月31日まで>虹にちなんだ文字を含むアワード対象地と交信! ACCが「アワード虹をわたって(略称:虹アワード)」を発行

アワードに興味を持つハムやSWLが集い、「始発駅アワード」や「境界アワード」などの発行でも知られるグループ「ACC(The International Award Chasers Club)」では、2018年1月1日から2020年年12月31日までの3年間限定で、「虹をわたってアワード(略称:虹アワード)」を発行する。「赤」「橙(オレンジ)」「黄(黄金)」「緑」「青」「藍」「紫」の7色で構成される虹に、集まってできる「白」を加え、いづれかの文字を含むアワード対象地で運用する局と交信しQSLカードを得るというルールだ。

 

 

 

 

 同クラブのWebサイトで発表された、アワードの概要を抜粋で紹介しよう。

 

 

●「アワード虹をわたって」、略称「虹アワード」規約(The International Award Chasers Club Webサイトから)

 

 

1.有効交信期間:2018年1月1日から2020年12月31日までの3年間限定

 

2.ルール:

 

 

(1)虹の色である、「赤」「橙」「黄」「緑」「青」「藍」「紫」の7色および「虹」並びにすべての光が集まってできる「白」のいずれかの文字を含むアワード対象地で運用する局とQSOし、QSLを得ます。

 

(2)「黄」は「黄金」とみなし、「黄」のほかに「金」を含むものでも有効とします。また「橙」は「オレンジ」でも有効とします。

 

(3)本アワード独自のアワード対象地は、それぞれの地点から概ね3kmの範囲内で運用する局で、かつ同一市区町村からの局を有効とします。(固定局も可)。また、他の団体等が発行するアワードと共通するアワード対象地については、有効となる対象地からの距離は、各アワード発行者が定めたルールに基づくものとします。

 

(4) このアワードの「アワード対象地」とは、以下の地点を指すものとします。
ア)本アワード独自のアワード対象地(対象地から概ね3km以内)
①市役所、区役所及び町村役場
②鉄道の駅
③境界アワードの境界
④峠(峠アワードは既に終了しているため、本アワード独自のアワード対象地と見なします。)
イ)他の団体等が発行するアワードと共通のアワード対象地
※運用地からの距離等の概要は以下のとおりですが、詳細は各アワード発行者のHP等を参照してください。
①道の駅(道の駅の中)固定局不可
②温泉(温泉から800m以内)固定局不可
③湖沼(QRV地点から約2、3分徒歩で水面やダムの堰堤が見える場所)
④滝(滝の所在地から半径5km以内)
⑤公園(公園に付随する駐車場又は1km以内の場所)
⑥島(島内)
 なお、これらのアワードに規定する場所のすべてがアワード対象地に含まれているわけではありません。また、アワード対象地間の距離が近い場合、車両での移動が困難な場所又は国土地理院の電子地図に明記されていない峠等、対象外としている場合があります。

 

 

 

 同クラブのWebサイトで発表された、アワードの概要を抜粋で紹介しよう。

 

 

「アワード虹をわたって」、略称「虹アワード」規約(一部抜粋/同Webサイトから)

 

 

 

↓2018年1月1日からスタートするそのほかのアワード3種、この記事をチェック!

 

<アキバの街から電波を出そう♪>秋葉原無線部、2018年1月から「秋葉原アクティビティアワード」を発行!!

 

<2018年1月1日から1年間限定!>じゃぱん ひなたぼっこの会「東西南北を集めてみま賞(略称:端(はし)アワード)」がスタート

 

<特定局が発行する「ワイルドカード」が取得条件>2018年1月1日から3年間、138街道と1697街道拠点と交信する「全国街道アワード」登場

 

 

 

●関連リンク:
・アワード「虹をわたって」
・「アワード虹をわたって」、略称「虹アワード」規約(PDF形式)
・ACC(The International Award Chasers Club)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」