hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 事件・事故 > <重要無線通信妨害に係る申告は減少。一般申告はアマチュア無線が約7割を占める>九州総合通信局、平成29年度九州管内の電波監視概況を公表


<重要無線通信妨害に係る申告は減少。一般申告はアマチュア無線が約7割を占める>九州総合通信局、平成29年度九州管内の電波監視概況を公表

九州総合通信局はこのほど「平成29年度九州管内の電波監視概況」をとりまとめて公表した。平成29年の混信・妨害申告は266件で、前年度の272件から僅かに減少。その中で重要無線通信妨害に係る申告については128件で、前年度の133件に比べ5件(3.8%)ほど少なくなった。一方で、重要無線通信妨害の申告件数でもっとも多いのは海上関係で、航空関係、防災行政、電気通信業務、放送業務と続く。また、一般申告138件でアマチュア無線に関する申告が95件ともっとも多く、全体の68.8%を占めるほどだ。

 

 

 

 今回、公表された資料は「平成29年度九州管内の電波監視概況」と「平成29年度の措置事例」。「平成29年度九州管内の電波監視概況」は、「1.混信・妨害の申告状況」「2.不法無線局の措置状況」「3.電波利用環境保護に係る周知・啓発活動等」の3つに分かれている。

 

 

PDF形式で九州管内における電波監視状況などが数値資料として発表されている(同報道資料から)

LEDセンサーライトが原因で壱岐空港(長崎県)の航空管制用無線局に電波障害が発生した「平成29年度の主な措置事例」(同報道資料から)

 

 

 

 詳しくは下記の関連リンクから、九州総合通信局の報道発表で確認してほしい。

 

 

↓この記事もチェック!

 

<長崎県・壱岐空港、航空管制用無線局に電波障害>九州総合通信局、空港敷地内に設置されていたLEDセンサーライトが原因と特定し排除へ

 

 

 

●【電波法80条報告書ひな形付き】総合通信局へ“違法運用”を通報するための「報告書」の書き方から提出先まで

 

 

 

●関連リンク:
・九州総合通信局 平成29年度九州管内の電波監視概況
・九州総合通信局 1.混信・妨害の申告状況(PDF形式)
・九州総合通信局 2.不法無線局の措置状況(PDF形式)
・九州総合通信局 3.波利用環境保護に係る周知・啓発活動等(PDF形式)
・九州総合通信局 平成29年度の措置事例(PDF形式)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
ワールドバンドラジオ「XHDATA D-808」(日本語マニュアル付)