hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARL > <CWでの呼出し方法変更&電子ログ推奨>JARL群馬県支部、5月18日(土)夜と19日(日)朝に「第47回(2019)オール群馬コンテスト」を開催


<CWでの呼出し方法変更&電子ログ推奨>JARL群馬県支部、5月18日(土)夜と19日(日)朝に「第47回(2019)オール群馬コンテスト」を開催

JARL群馬県支部主催による「第47回(2019)オール群馬コンテスト」が、2019年5月18日(土)20時から24時までと、5月19日(日)6時から12時までの2回に分けて、1.9/3.5/7/14/21/28/50/144/430/1200MHz帯の各アマチュアバンドの電話と電信で開催される。オール群馬コンテストの活性化に寄与することを目的に、本コンテスト中のQSOで要件を満たすと「オール群馬コンテストアワード」の申請が可能だ。

 

 

 

 このコンテストの参加資格は日本国内のアマチュア局とSWL。県内局の交信対象は県内・県外局で、ナンバーは「RS(T)符号による相手局のシグナルレポート」+「市町村ナンバー」。県外局の交信対象は群馬県内局で、ナンバーは「RS(T)符号による相手局のシグナルレポート」+「都府県支庁ナンバー」となる。

 

 参加部門と種目は バンドごとのほか、「QRP局」「ジュニア局(高校生以下)」「シニア局(70歳以上)」「YL局」「SWL」など、部門が多岐にわたるのも本コンテストの特徴といえるだろう。また、活性化を図るため支部ホームページで移動運用予定市町村を公表するとし、「公表を希望する方は、コールサインおよび移動運用予定市町村名をJA1SVPまでご連絡ください」と呼びかけている。

 

 書類提出は紙ログの場合、6月2日(日)消印有効。電子ログの場合は6月2日(日)24時00分までに必着のこと。なお主催者側では「JARL 主催コンテストの電子ログでのサマリーシートの様式が改定されましたが、本コンテストでは必ず旧様式(サマリーシートにバンド別スコアが記載されたもの、R1.0)での提出をお願いします」と呼びかけている。

 

 併せて、オール群馬コンテスト中に「オール群馬アワード」と同じ要件(7市3郡、8市8町村、または全市町村)でQSOすることにより、本アワードの「73賞」「88賞」「全市町村賞」「オール群馬コンテスト賞」を申請することができる。申請受付の締め切りはオール群馬コンテストと同じ。

 

 部門や得点など、詳しくは「第47回(2019)オール群馬コンテスト規約」で確認してほしい。

 

 

「第47回(2019)オール群馬コンテスト」の規約(一部抜粋)

 

 

 

●関連リンク:
・第47回(2019)オール群馬コンテスト規約(PDF形式)
・JARL群馬県支部

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
ソニー ハンディーポータブルラジオ「ICF-P36」               ※300件以上のレビューあり!