hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 50MHz > <IOTA AS-105から6月22日~23日に運用>今年も韓国から50MHz帯の特別局「6M6M」がQRV!!


<IOTA AS-105から6月22日~23日に運用>今年も韓国から50MHz帯の特別局「6M6M」がQRV!!

2019年6月22日(土)と23日(日)の2日間、韓国の京畿道 仁川(インチョン)広域市にあるYonghung Island(AS-105、PM37FG)から、今年も50MHz帯の特別局「6M6M」が運用を行う。ちょうどEスポの最盛期、同局の信号は日本各地へ入感する可能性が高い。日本語の話せるオペレータも多数いるので気軽に交信ができるだろう。

 

 

 

 

 JE1XUZ・加藤氏からの情報によると、今年の6M6Mの運用予定は次の通り。

 

・コールサイン:6M6M
・運用期間:2019年6月22日(土)07:00JST~6月23日(日)20:00JST
・周波数:50MHz帯のみ
・モード:オールモード
・運用場所:韓国 京畿道 仁川(インチョン)広域市、Yonghung Island(IOTA:AS-105、GL:PM37FG)
 Googleマップ https://goo.gl/maps/NMGMiTrhm972
・使用アンテナ:LFA 8エレ(ブーム長12.5m)、最大地上高42mHのクランクアップタワー使用
・オペレーター:6K2EGQ、6K2HZZ、6K2KCW、DS1SYV、DS2GWM、DS2JJV、DS2NSC、DS3FXU、DS4AOW、DS4EOI、HL1IWD、HL1TKF、HL2CFY、HL2DAA、HL2PEV、HL2VXK、HL3EQG
・QSLマネージャー:HL1IWD(メールアドレス、住所等は6M6MのQRZ.com参照)

 

 加藤氏は「毎年恒例となった6M6Mですが、今年も日本語が出来るオペレーターが多数いらっしゃいます。上記日程以外も各バンドでサービスする計画があるそうなので、ぜひワッチして交信にトライしてみて下さい」と情報を寄せてくれた。

 

2015年の運用時に発行された「6M6M」のQSLカード(JE1XUZ 加藤氏のブログより)

2015年の運用時に発行された「6M6M」のQSLカード(JE1XUZ 加藤氏のブログより)

 

 毎年もEスポ伝搬でJA各地へ良好に入感する6M6M。6mバンドにぴったりな特別コールサインの同局との交信に今年も挑戦してみてはいかがだろうか。詳細は下記関連リンクを参照のこと。

 

 

 

●関連リンク:6M6M(QRZ.com)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」