hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 話題 > <特設サイトを開設、4月5日まで>誠文堂新光社が「子供の科学」1年分のバックナンバーを無料公開

<特設サイトを開設、4月5日まで>誠文堂新光社が「子供の科学」1年分のバックナンバーを無料公開

誠文堂新光社は2020年3月5日、新型コロナウイルス拡大防止で一斉休校になった小中学生のために、同社の月刊誌「子供の科学」のバックナンバー13冊(2019年1月号~2019年12月号の1年分と「ウイルスの正体」を特集した2016年12月号)などの無料公開を特設サイトで順次開始した。期間は4月5日まで。

 

 

 

 

 誠文堂新光社が刊行している月刊誌「子供の科学」は、大正13(1924)年9月の創刊という老舗雑誌で昨年通巻1,000号を迎えた。また今年3月2日には「子供に科学の楽しさを96年間伝え続け、日本の理系親子が絶大の信頼を寄せている」として、日本の文化活動に著しく貢献した人物・並びにグループに対して贈呈される吉川英治文化賞を受賞した。

 

「子供の科学」編集部は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止で全国各地の小中学校が一斉休校していることから、長期間自宅で過ごす子供たちのために、同誌のバックナンバー公開に踏み切った。特設サイトには「長い時間家で過ごすみなさんのために、1年分のバックナンバーを無料公開! また、ウイルスについて正しい知識を身につけるために、“ウイルスの正体”を特集した2016年12月号も見られるようにしました。このページでは、期間中に見てほしい、やってほしい科学コンテンツも更新していくからお楽しみに!」と案内が掲載されている。

 

バックナンバーを公開した、子供の科学の特設サイトより

 

 公開されるバックナンバー(公開予定のものを含む)は次のとおり。インフォメーションコーナー(KokaScramble)にアマチュア無線関係の情報が掲載されている号もあるので、小中学生に限らず、昔「子科を読んでハムの勉強をしたり、紙飛行機を作ったりして楽しんだ」という皆さんもチェックしてはいかがだろうか。

 

<3月5日公開>
・2019年1月号
・2019年2月号
・2019年3月号
・2019年4月号
・2016年12月号(特集「なぜ感染する!? ミクロの脅威が見えてくるウイルスの世界へGO!」を収録)

 

<3月10日公開予定>
・2019年5月号
・2019年6月号
・2019年7月号
・2019年8月号
・雑誌「天文ガイド」2020年1月号

 

<3月17日公開予定>
・2019年9月号
・2019年10月号
・2019年11月号
・2019年12月号

 

 詳細は下記関連リンク参照のこと。

 

 

 

●関連リンク:
・子供の科学 無料公開 特設サイト(誠文堂新光社)
・KoKa Net!(誠文堂新光社)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」