hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > メーカー情報 > <ニッケル水素電池を推奨>サイエンテックス、市民ラジオ無線機「SR-01」「JCBT-17A」の使用電池について案内

<ニッケル水素電池を推奨>サイエンテックス、市民ラジオ無線機「SR-01」「JCBT-17A」の使用電池について案内

静岡県浜松市のメーカー「株式会社サイエンテックス」が開発・販売する新スプリアス規格に対応した27MHz帯AMモードの市民ラジオ無線機(8ch 500mW出力)「SR-01」と、同じく持ち運びに便利な「JCBT-17」について(現在、注文受付は2機種とも行っていない)、「ニッケル水素電池(エネループなど)をご使用下さい」と、2021年4月28日にサイエンテックス オンラインショップWebサイトで案内を行った。「納品時に付属につけているアルカリ電池は、お試し用の電池です。短時間であればアルカリ電池でも動作はしますが、長時間には向いていません」と説明している。

 

 

株式会社サイエンテックスが開発・販売する新スプリアス規格に対応した27MHz帯AMモードの市民ラジオ無線機(8ch 500mW出力)「SR-01」(右)と「JCBT-17」

 

 

 二次電池と呼ばれる充電式の電池には、主に「ニッカド(ニッケルカドミウム)電池」「ニッケル水素電池」「リチウムイオン電池」などがあるが、「ニッケル水素電池」はとくに安全性の高いと言われている。とくにパナソニックの「エネループ」が有名だ。

 

 ライセンスフリー無線の愛好者(通称“フリラ-”)も、充電式の電池は必需品。単三電池で2100mAh以上の容量がある大容量のハイエンドタイプを愛用するケースも多い。

 

 今回、サイエンテックスは、同社が製造・販売する「SR-01」「JCBT-17」の2機種の市民ラジオ無線機について、“ニッケル水素電池使用の推奨”を呼び掛けている。

 

 

 サイエンテックス オンラインショップWebサイトで公表された内容は以下とおり。

 

 


 

SR-01、JCBT-17Aご使用のユーザ様へ<電池について>

 

SR-01及びJCBT-17Aはニッケル水素電池(エネループなど)をご使用下さい。

 

送信時に大電流が流れます。
この用途には、内部抵抗が低く、容量の大きなニッケル水素電池が適しています。

 

納品時に付属につけているアルカリ電池は、お試し用の電池です。
短時間であればアルカリ電池でも動作はしますが、長時間には向いていません。

 

 

 

 

 

↓この記事もチェック!

 

<コマンド入力で機能拡張>サイエンテックス、ムック本「ライセンスフリー無線完全ガイド」読者特典だった新スプリアス対応CB機「SR-01 機能拡張マル秘マニュアル」を公開

 

 

 

●関連リンク:
・SR-01、JCBT-17Aご使用のユーザ様へ<電池について>(サイエンテックス オンラインショップ)
・サイエンテックス オンラインショップ
・株式会社サイエンテックス
・ニッケル・水素充電池(ウィキペディア)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」