hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARL > 【ハムフェア2022】<開幕直前の総合案内、今回は“連絡先記入用紙”が必要>8月20日(土)~21日(日)、東京ビッグサイト 南展示棟3・4ホールで3年ぶりに開催

【ハムフェア2022】<開幕直前の総合案内、今回は“連絡先記入用紙”が必要>8月20日(土)~21日(日)、東京ビッグサイト 南展示棟3・4ホールで3年ぶりに開催

日本のアマチュア無線界の最大の祭典として、1977(昭和52)年から開かれている「アマチュア無線フェスティバル(ハムフェア)」。コロナ禍で2年間の中止を経て、3年ぶりに2022年8月20日(土)~21日(日)に東京都江東区有明の「東京ビッグサイト 南展示棟 3・4ホール」(2019年と同じホール)で開催される。今回は入場時に「連絡先記入用紙」の記入・提出が必須となっている。主催者はスムーズな入場のため、あらかじめPDF版の記入用紙を印刷して、必要事項を記入の上で持参することを呼び掛けている。

 

 

過去の「ハムフェア」の会場写真より

 

 

●最寄り駅、ゆりかもめ「東京ビッグサイト駅」から南展示棟3・4ホールまでの道のり

※徒歩で8分弱程度。
※画面をクリックすると動画がスタートします(2019年制作の動画)。

 

 

 

「アマチュア無線フェスティバル(ハムフェア2022)」開催概要

 

◆主催・後援・協賛:
・主催/一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)
・後援/総務省、文部科学省、東京都、NHK、公益財団法人 日本無線協会、一般財団法人 日本アマチュア無線振興協会、日本アマチュア無線機器工業会、公益財団法人 東京観光財団
・協賛/電波新聞社、電波タイムス社、CQ ham radio、子供の科学

 

◆キャッチフレーズ:CQCQアマチュア無線!世代を越えてコミュニケーション

 

◆開催日:2022年8月20日(土)~8月21日(日)

 

◆開催時間:8月20日は10:00~17:00、8月21日は10:00~16:00

 

◆場所:東京ビッグサイト 南展示棟 4階 3・4ホール(東京都江東区有明)
 (りんかい線「国際展示場」下車 徒歩10分、ゆりかもめ「東京ビッグサイト」下車 徒歩約6分)

 

東京ビッグサイト建物前から、ハムフェア2022会場の「南展示棟 3・4ホール」への行き方マップ

 

◆有料駐車場:会場周辺に若干あり(混雑が予想される)

 

◆入場整理費(会期中有効):
 一般2,000円(※)
 小・中・高校生・大学生(22歳未満)・女性 無料(大学生・高校生はチケット売場で生徒手帳等を提示)
 ※無料となる22歳未満および女性も入場整理券が必要
 ※JARL会員は本人会員証(ライフメンバー会員証を含む)の提示で1,000円に割引
 ※入場前に「入会受付ブース」で正員・准員・社団会員として会費期間1年以上で入会(入会金無料)すると「ハムフェア2022」入場整理券を1枚贈呈。さらに抽選で「ハンディ機」をプレゼント(※お試し入会は除く)

 

◆「連絡先記入用紙」の提出について
 今回は来場者の連絡先(コールサイン、氏名、連絡先電話番号)を記入した、所定の「連絡先記入用紙」を入場時に提出する必要がある。主催者は混雑緩和のため事前準備の協力を呼び掛けている。

 

PDF版 連絡先記入用紙のダウンロード先:https://www.jarl.org/Japanese/1_Tanoshimo/1-3_Ham-Fair/2022/onegai.pdf

 

入場者が記入・提出する「連絡先記入用紙」見本

 

◆会場内に設置される、臨時D-STARレピータ局:
・コールサイン:JP1YJJ(予定)
・周波数:439.07MHz(DV)、439.25MHz(DV)、1291.31MHz(DV)、1270.625MHz(DD)
・ローカルIP:10.0.0.25
・運用期間:8月20日・21日のハムフェア期間内(8月19日は設置に伴う試験運用を予定)

 

◆会場内および周辺で行われるおもなイベント:
・オープニングセレモニーなど会期中の会場内をインターネットでライブ配信(下記関連リンク参照)
・ハムフェア・アンテナ&特別記念局見学ツアー(WAKAMONO・ビギナー向け)
・WAKAMONOビギナー相談コーナー
・Radio JARL.comの特設放送ブース設置(スケジュール別記)
・南極昭和基地8J1RL 観測隊オペレーターと話そう
・スタンプラリー(中学生以下対象、達成者に特製グッズ。受付はインフォメーションコーナー)
・特別記念局8J1HAM(無資格者が体験運用可能な「臨時体験局」ではない。運用希望者は従免とJARL会員証持参。要・会場での事前申し込み)※両日とも13:30~14時の運用は来場者の女性ハムを優先
・イベントコーナーにおける講演(スケジュール別記)、工作教室、自作品コンテスト作品展示
DXCC申請受付(101QSOまで。会期前の8月18日~19日は大塚のJARL事務局で受付)
※今回は「日本無線協会の3・4アマ臨時国家試験」「JARL主催のアイボールパーティー(初日夕方)」は開催されない。

 

◆各コーナー/ブースについて:
・JARLコーナー(関連団体、招待団体含む)
・ビジネスコーナーの販売店/団体/メーカー
・JAIAコーナーのメーカー
・一般クラブコーナー
・クラブ純粋展示コーナー
・JARLコーナー(入会継続、転送QSLカード受付、相談コーナーなど)

 

 

◆イベントコーナーのスケジュール

 

<8月20日(土)>
・11:00~11:50 「広報大使によるトークショー」水田かおり、Masaco、髙尾JARL会長、スペシャルゲスト
・13:00~13:50 「62次隊の越冬生活と8J1RLの運用報告」南極OB会アマチュア無線クラブ JG3PLH 近藤 巧氏
・14:00~14:50 「移動運用アンテナ大研究 HFアンテナの設計・調整」JAIA技術委員会(第一電波工業株式会社)
・15:00~15:50  自作品コンテスト表彰式、JARL全日本・全世界10000局賞アワード 総務大臣表彰状授与式

 

<8月21日(日)>
・11:00~11:50 「高ア連 ジュニアハムの集い」全国高等学校アマチュア無線連盟
・13:00~13:50 「アマチュア衛星 てんこう2の概要」日本大学理工学部 航空宇宙工学科 奥山研究室 JS1YAW
・14:00~14:50  関東UHFコンテスト表彰式

 

◆ハムフェア会場内 ラジオブースなどで行われる公開番組(一部ライブ配信あり)

 

<8月20日(土)>
・09:30~ オープニングセレモニー 生中継 (正面入口)
 ※下記関連リンクの「ハムフェア2022ライブ動画配信」から視聴可能、スマホ可

・12:00~ Radio JARL.com ハムフェア特別番組 <FMぱるるんで公開生放送>(60分)
 ↑当日、特設スタジオ前に集まった来場者を対象に抽選でJARLグッズをプレゼント
・13:30~ Radio JARL.com <公開収録>(30分)
・14:30~ Radio JARL.com & OMのラウンドQSO<公開収録>(30分)

 

<8月21日(日)>
・10:30~ Radio JARL.com & OMのラウンドQSO<公開収録>(30分)
・11:30~ Radio JARL.com & CQ ham for girls<公開収録>(30分)
・13:00~ Radio JARL.com & QRL<公開収録>(30分)

 

  なお、気になる各メーカーの新製品展示・発表だが、8月19日付けの「電波新聞デジタル」は、アイコムがHF/50MHz帯のリニアアンプ「IC-PW2」、SHFプロジェクトの2.4/5.6GHz帯トランシーバー「SHF-P1」の製品版、IC-705の新機能(DVレピーターモニター)、八重洲無線はHF/50MHz帯トランシーバー「FT-710 AESS」、アルインコは同社初のデジタル機を展示すると報じている。

 

 

 

 

●関連リンク:
・ハムフェア2022インフォメーション(JARL Web)
・ハムフェア2022ライブ動画配信チャンネル(FMぱるるん)
・ハムフェア ブース小間割り図と出展クラブリスト PDF(JARL Web)
・東京ビッグサイト 南展示場へのご案内 PDF(JARL Web)
・東京ビッグサイト 交通アクセス(東京国際展示場)

 

 

 

●いったん広告です:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
充電式ニッケル水素電池 単3形8個セット (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)