hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARL > <写真で見る>「南極観測船ふじ」開館30周年記念特別局、8J2JSTYが公開運用!!


<写真で見る>「南極観測船ふじ」開館30周年記念特別局、8J2JSTYが公開運用!!

1965年から18年間にわたり日本の南極観測に活躍した砕氷艦「ふじ」。引退後の1985年から愛知県の名古屋港ガーデン埠頭で係留展示されているが、その開館30周年を記念して、2015年8月14日から10月25日までJARL特別局「8J2JSTY」が運用されている。9月21日と22日に行われた公開運用の模様を、関係者提供の写真で紹介しよう。

 

 

名古屋港ガーデン埠頭で係留展示されている「南極観測船ふじ」(提供写真)

名古屋港ガーデン埠頭で係留展示されている「南極観測船ふじ」(提供写真)

 

 過去、日本の南極観測船としては「宗谷(コールサイン:JDOX)」「ふじ(JSTY)」「(初代)しらせ(JSVY)」が就役し、現在は「(2代目)しらせ(JSNJ)」が活躍している。このうち「ふじ」は、初の海上自衛隊の運用艦として1965年から18年間にわたり日本と南極・昭和基地の物資や人員輸送、観測業務に活躍してきた。

 退役後の1985年からは名古屋港ガーデン埠頭で、船に乗り込んで南極の旅が疑似体験できる「体験型歴史的史料 南極観測船ふじ」として係留展示されているが、その30周年を記念して、2015年8月14日から10月25日までJARL愛知県支部の協力のもと、特別局「8J2JSTY」が運用されている。このほど9月21日と22日に名古屋市港区の常置場所で公開運用が行われた。

 

★南極観測船ふじ開館30周年記念特別局 8J2JSTYについて

 

・運営:ふじ30周年記念事業特別局運営委員会
・運用期間:2015年8月14日~2015年10月25日
・常時場所:名古屋市港区 ポートピル内
・今後の公開運用の予定:10月に公開運用予定あり(日時未定)
・運用周波数:1.8~1200MHz帯 CW/FM/SSB/DV

 関係者から提供された公開運用当日の写真を紹介しよう。

 

9月21日と22日に名古屋市港区で行われた8J2JSTYの公開運用の模様(提供写真)

9月21日と22日に名古屋市港区で行われた8J2JSTYの公開運用の模様(提供写真)

当日掲示された説明パネル(提供写真)

当日掲示された説明パネル(提供写真)

公開運用時の記念写真(提供写真)

公開運用時の記念写真(提供写真)

 

 

●関連リンク:
・体験型歴史的史料 南極観測船ふじ
・南極観測船ふじ会館30周年記念「南極大陸と南極観測船ふじの航跡」(名古屋港ガーデン埠頭)

●おすすめ記事:

25~1300MHz 周波数発見に特化   “多機能スキャナー”搭載!ユニデン「BCD436HP」【並行輸入品】
オールバンドデジタルラジオ    DSP処理TECSUN「PL-380」       【日本語説明書】