hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > メーカー情報 > 【追記:新たに取扱説明書を公開】<予想以上の受注数で予約停止状態だったCW解読器>GHDキー、ケースをスリム化して「CWD2014M」「CWD2014L」の2タイプを今秋発売


【追記:新たに取扱説明書を公開】<予想以上の受注数で予約停止状態だったCW解読器>GHDキー、ケースをスリム化して「CWD2014M」「CWD2014L」の2タイプを今秋発売

モールス通信用の電鍵(キー)や関連製品を製造販売する株式会社GHDキーのCW解読器「CWD2014」。一時は大量の予約で生産が間に合わず、予約停止状態に陥っていたが、この度、同社のWebサイトで“今秋から新発売する”という案内があった。新発売とはどういう理由なのか、公開された画像を見る限り「CWD2014」と形状が多少異なり、ケース形状が多少スリムになった!?タイプの「CWD2014M」(16,500円)と、CWD2014Mの機能はそのままで内蔵スピーカーがないタイプの「CWD2014L」(13,500円)の2タイプが紹介されている。

 

 

 

【追記】今回発売されるCW解読器の「CWD2014M」と、CWD2014Mの機能はそのままで内蔵スピーカーがない「CWD2014L」の取扱説明書が新たに公開された。3枚目のシートには「Q&A」が載っている。

↓ここをクリック!(PDF形式)
CW解読器 CWD2014L(M)取扱説明書 Rev2015.06.23

 

↓クリックすると拡大

ghdkey-cw-kaidokuki-cwd2014m_l-11 ghdkey-cw-kaidokuki-cwd2014m_l-12 ghdkey-cw-kaidokuki-cwd2014m_l-13

 

 

 

 

 CW愛好家の集まり「A1CLUB」が開発し、GHDキーが「CW解読器」を商品化した「CWD2014」。発売前からCWファンを中心に話題となり、同社には予想以上の受注数の申し込みがあった(4月3日記事)。2月27日に「誠に申し訳御座いません。想定を遥かに超えるご予約を頂き、一旦ご予約を停止させて頂きます(4/1の発売予定でしたが大幅に延期になりそうです)」とアナウンスを行っていた。

 今回、6月18日に同社から「この秋 新発売になります」として、新たにケース形状が多少スリムになった!?タイプの「CWD2014M」(16,500円)と、CWD2014Mの機能はそのままで内蔵スピーカーがないタイプの「CWD2014L」(13,500円)の2タイプの販売を開始すると紹介している。

 同社の雑誌広告によると、今春発売した「CWD2014」は“テスト販売”という位置づけで、秋から発売する「CWD2014M」「CWD2014L」は、サイズがスリム化し、パネルを改良したものであると説明している。

 

 またhamlife.jpで紹介した(6月17日記事)、世界初!購入後に“左手用”に組み替え可能だという新製品の小型バグキーについても、型番が「GN206S」(32,500円)だと伝えている。

 

 

 

「この秋発売の新型バグキーのご紹介」(同社の資料から)

ghdkey-cw-kaidokuki-cwd2014M_L-2

 

 

 

 

 

↓この記事もチェック!

●【追記あり】<発売前から話題沸騰、予想以上の受注数!>GHDキー製CW解読器「CWD2014」、問合せQ&A付きの新しい取扱説明書「Rev2015.04.02」を公開

 

●【追記:新たな画像とともに取説を公開!】<発売予定は4月1日、事前予約受付中!>GHDキー、CQ ham radio誌に製作記事が掲載された「CW解読器」を完成品として製品化

●<世界初!購入後に“左手用”に組み替え可能>GHDキー、この秋に新型バグキーの販売を告知

 

 

 

●関連リンク:

・CW解読器/小型バグキー(GHDキー/PDF形式)

・GHDキー

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」