hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
JARL WAKAMONO アマチュア無線イベント

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 海外ニュース > <7月31日には日本とARISSスクールコンタクトも実施>7月23日、国際宇宙ステーション(ISS)へアマチュア無線の資格を持つ3人の宇宙飛行士が出発!!


<7月31日には日本とARISSスクールコンタクトも実施>7月23日、国際宇宙ステーション(ISS)へアマチュア無線の資格を持つ3人の宇宙飛行士が出発!!

7月23日(木)午前6時2分(JST)、国際宇宙ステーションに向かう日・米・露3人の宇宙飛行士が、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地からソユーズロケットに搭載された宇宙船で出発する。3人はいずれもアマチュア無線の有資格者だ。

 

 

iss45mn

 

 ISSへ向かうのは日本の油井亀美也(KG5BPH)、米国のチェル・リングリン(KO5MOS)、ロシアのオレッグ・コノネンコ(RN3DX)の3人だ。ソユーズ宇宙船は打ち上げ後、地球の軌道を4周しISSにドッキングする予定。その模様はNASAテレビでも中継される。

 3名は2015年12月22日までISSに滞在する予定だ。現在ISSに長期滞在中のコマンダー、ゲナディ・パダルカ(RN3DT)とフライトエンジニアのスコット・ケリー、ミカエル・コニエンコ(RN3BF)は新人歓迎の握手をするだろう。

 なお、2015年3月から搭乗しているパダルカ宇宙飛行士は2015年9月、同じく3月から搭乗しているケリーとコニエンコの両宇宙飛行士は2016年3月にそれぞれ地球へ帰還する予定だ。(ARRLニュース 7月16日 ※許可を得て抄訳転載/(C)ARRL )

 

※hamlife.jpより
ARRL NEWSの原文は「Two Radio Amateurs Set to Launch to ISS」と題し、チェル・リングリン(KO5MOS)、オレッグ・コノネンコ(RN3DX)両宇宙飛行士のコールサインを紹介し、油井亀美也氏がアマチュア無線の有資格者であることを紹介していなかったため、抄訳時に修正しました。

 

【日本とのARISSスクールコンタクトの予定(確定分)】
・7月31日(金)20:25JST~
 第23回世界スカウトジャンボリー「8N23WSJ」(山口県)とのQSO
 担当:チェル・リングリン宇宙飛行士(KO5MOS)

 

 

●関連リンク:
・Two Radio Amateurs Set to Launch to ISS(ARRL NEWS)
・油井亀美也宇宙飛行士「やる気満ちている」あすソユーズ打ち上げ(毎日新聞)
・Upcoming ARISS Contacts(ARISS.org 最新スケジュールを掲載)

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」