hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 事件・事故 > <罰金2万5千ドル(約252万円)課す!>FCC(米国連邦通信委員会)、米国カリフォルニア州のアマチュア局に対して処分

<罰金2万5千ドル(約252万円)課す!>FCC(米国連邦通信委員会)、米国カリフォルニア州のアマチュア局に対して処分

ARRLニュースによると、音楽などを流して意図的に妨害行為を行ったカリフォルニア州のアマチュア無線家・W6WBJ(ex N6AYJ)に対して、FCC(米国連邦通信委員会)は2万5千ドル(約252万円)の罰金(没収額に基づくと記載)を課した。

 

 

 

 記事によると、Western Amateur Radio Friendship Assocation(WARFA)が75mバンドで週に3回行っているロールコールにおいて、カリフォルニア州のアマチュア局による妨害が繰り返され、それを止めずQSOを中断せざるおえなかったとしている。

 

 高周波方向探知(HFDF)センターは、該当局が2015年8月25日と8月27日、3908kHzで意図的に妨害するアマチュア局の監視を行い、該当局に対して通信法と委員会の規則に違反していると警告。だが、違法行為は継続して続けられ今回の処分となった。
(ARRLニュース 8月3日 ※許可を得て抄訳転載/(C)ARRL )

 

 

 

↓こちらの記事もチェック!

 

FCC(米国連邦通信委員会)、3908kHzで音楽を流し妨害したアマチュア局を方向探知で突き止め警告

 

 

 

●関連リンク:FCC Levies $25,000 Fine on California Radio Amateur for Deliberate Interference(ARRL NEWS)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」