hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > BCL > 【ハムフェア2017】<10種類のデジタル通信に対応>エーオーアール、広帯域受信機「AR-DV10」「AR5700D」「AR-ALPHAⅡ」を発表!!


【ハムフェア2017】<10種類のデジタル通信に対応>エーオーアール、広帯域受信機「AR-DV10」「AR5700D」「AR-ALPHAⅡ」を発表!!

株式会社エーオーアールは2017年9月2日、「ハムフェア2017」会場内の同社ブースで100kHz~1300MHzをカバーするハンディタイプの広帯域受信機「AR-DV10」、9kHz~3700MHzをカバーするデスクトップタイプの「AR5700D」9kHz~6000MHzをカバーするフラッグシップモデルの「AR-ALPHAⅡ」という3台を発表した。いずれも10種類のデジタル通信に対応している。

 

 

エーオーアールが発表したデスクトップタイプの広帯域受信機「AR5700D」

 

 

 ハムフェア2017会場で発表された各モデルの特徴やスペックは次のとおり。

 

★ハンディタイプ「AR-DV10」

 

ハンディタイプ「AR-DV10」。ディスプレイ上にVFO-AとVFO-Bの周波数を表示しているが、2波同時受信には非対応。基本機能はAR-DV1と同様という説明だった

 

・100kHz~1300MHzをカバー
・アナログ通信はFM、AM、SAM、SSB、CWに対応
・10種類のデジタル通信に対応
 D-CR、APCO P-25(Phase 1+2)、DMR、Mototrbo、dPMR、NXDN、TETRA、D-STAR、八重洲無線C4FM、アルインコEJ47
・さまざまなデジタル無線を自動で判断する「デジタルオートモード(DALL)」搭載
・各種デジタル無線 情報表示機能
・防水性能 IPX5対応
・MicroSDカードスロット搭載、音声録音可能
・リチウムイオンバッテリー、充電器、ベルトクリップ付属
・メモリデータの管理ソフト提供予定
・発売開始時期:2017年内、価格は未定

 

ARDV10の側面と背面。なぜかPTTのようなボタンが存在。ある海外向け業務用ハンディ機を連想させるデザインだ

ARDV10の上面。アンテナ端子はBNCを採用

 

 

★デスクトップタイプ「AR5700D」

 

デスクトップタイプ「AR5700D」

 

・9kHz~3700MHzをカバー
・アナログ通信はFM、AM、SAM、SSB、CWに対応
・10種類のデジタル通信に対応
 D-CR、APCO P-25(Phase 1+2)、DMR、Mototrbo、dPMR、NXDN、TETRA、D-STAR、八重洲無線C4FM、アルインコEJ47
・さまざまなデジタル無線を自動で判断する「デジタルオートモード(DALL)」搭載
・各種デジタル無線 情報表示機能
・最大2MHz幅のデジタルI/Q出力を標準搭載
・SDカードスロット搭載、音声録音可能

 

デジタル通信は「DALL」モードに設定しておけば、自動的に方式を判別し音声が復号される

AR5700Dの背面

 

 

★フラッグシップモデル「AR-ALPHAⅡ」

 

フラッグシップモデル「AR-ALPHAⅡ」

 

・9kHz~6000MHzをカバー
・ストリーミング記録&再生機能内蔵でスタンドアローン運用可能
・アナログ&デジタルモード対応
・10種類のデジタル通信に対応
 D-CR、APCO P-25(Phase 1+2)、DMR、Mototrbo、dPMR、NXDN、TETRA、D-STAR、八重洲無線C4FM、アルインコEJ47
・さまざまなデジタル無線を自動で判断する「デジタルオートモード(DALL)」搭載

 

 

3台の広帯域受信機が対応するデジタルモードの詳細

メモリー管理とPCからのリモート操作が可能なソフトウェア(フリーウェア)も準備

上記ソフトの開発にも関わった、AORフランスのスタッフ

 

 

 

●関連リンク:エーオーアール

 

 

 

●おすすめ記事:

25~1300MHz 周波数発見に特化   “多機能スキャナー”搭載!ユニデン「BCD436HP」【並行輸入品】
オールバンドデジタルラジオ    DSP処理TECSUN「PL-380」       【日本語説明書】