hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > イベント > <「信楽MUレーダー」も見学!!>11月24~25日に開催された勉強会「PARTECH 2017 Shigaraki」の模様


<「信楽MUレーダー」も見学!!>11月24~25日に開催された勉強会「PARTECH 2017 Shigaraki」の模様

アマチュア無線を使った「パケット通信」の普及や高速化などの活動で知られるPacket Radio User’s Group(PRUG)は、2017年11月24日(金)と25日(土)に滋賀県甲賀市で日頃の研究成果を発表する技術コンファレンス「PARTECH 2017 Shigaraki」を開催した。参加者は「信楽MUレーダー」として知られる、京都大学生存圏研究所 信楽MU観測所も見学した。その模様を主催者から提供された写真で紹介しよう。

 

 

参加者による記念写真を信楽MUレーダーの前で撮影

 

 

 PRUGは勉強会「PARTECH(Packet Radio Technical Conference)」を2年ぶりに滋賀県甲賀市で開催した。初日の11月24日は京都大学生存圏研究所 信楽MU観測所(信楽MUレーダー)にて実施し、午前中に施設の見学会を行った。

 

MUレーダーは475本のアンテナで構成

アンテナは3エレのクロス八木

各アンテナと接続された同軸ケーブル

送受信機とパワーアンプ

ドライブおよび終段回路

信号の変復調と解析機器

 

 

 初日の午後からは同所の山本 衛教授による電離層やSDRに関する特別講演と、3テーマの発表を行った。

 

山本教授による特別講演

 

 山本教授の特別講演は「電離圏の研究」「2周波ビーコン観測」「最近のGNU Radio」の3つがテーマで、特に電離層に関しては、スポラティックE層はナトリウムなどによるイオン層が関係していそうなこと、F層が時間とともに変化している観測データなど興味深い内容だったという。

 

JN1OLJ 森川氏は「FOXハンティング支援アプリ」を発表

JH1FBM 根本氏は「FX.25(FEC付AX.25)紹介」ほかを発表

 

 

 参加者はその後、宿泊先のグリーンヒルサントピアに移動して懇親会を実施、終了後も自由な討議が夜遅くまで行われた。

 

初日の夜は懇親会を実施

 

 

 また翌日は甲賀市勤労青少年ホームにて6テーマの発表と、最後に京都大学元教授の橋本 弘藏氏がこれまで携わってきた研究で行った開発に関する講演が行われた。

 

JE1WAZ 米沢氏は「高校生の質問に答えられますか?」ほかを発表

JQ1VIE 天野氏は「ワンコイントランシーバ」の発表

JA3FEC 橋本元教授による講演は「地上より少し上から宇宙まで」

 

 

 なお、各発表者による予稿論文や発表資料は、一部を近日PRUGのWebサイトで公開される予定だ。またPRUGは毎月、東京・秋葉原でミーティングを開催しており、次回は12月9日を予定している。詳細は下記リンクを参照のこと。

 

 

 

●関連リンク:
・PARTECH 2017 Shigaraki(PRUG)
・PRUG

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」