hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 海外ニュース > <オスカーナンバー「AO-92」を付与>AMSAT-NAのアマチュア衛星「FOX-1D」打ち上げ成功


<オスカーナンバー「AO-92」を付与>AMSAT-NAのアマチュア衛星「FOX-1D」打ち上げ成功

2018年1月12日、米国衛星通信協会(AMSAT-NA)の開発によるアマチュア無線衛星「FOX-1D」が、インドのサティッシュダワン宇宙センターからPSLV-C40ロケットで打ち上げられ、予定されていた軌道に無事投入された。

 

 

FOX-1D衛星を搭載したインドのPSLV-C40ロケットの打ち上げシーン(ARRL NEWS)

 

 

 1月12日3時59分(UTC)、インド宇宙機関(ISRO)のPSLV-C40ロケットが打ち上げられ、同ロケットに搭載されていたインド政府のCartosat-2シリーズ・イメージング衛星や、FOX-1Dを含む30基におよぶ小型衛星が次々と軌道に投入された。

 

 同日5時25分ごろにはFOX-1Dから発射されたFM信号による“Fox tail”が複数地点のWeb SDRで視認、さらに初期テレメトリに受信によってFOX-1D衛星が正常に動作していることが確認され、AMSAT-NAは同衛星にオスカーナンバー「AO-92」を付与した。

 

 FOX-1DはUHF/VHFのFMトランスポンダに加え、1.2GHz帯のアップリンクを利用するAMSATの「Lバンドダウンシフタ」も搭載されている。さらにペンシルベニア州立大学のMEMSジャイロ、バージニア工科大学のカメラ、アイオワ大学の高エネルギー放射線の放射マッピング実験などの装置も搭載している。トランスポンダの周波数は次の通り。

 

<FOX-1D アップリンク周波数>
435.350MHz、または1267.350MHz(67HzのCTCSSアクセストーンが必要)

 

<FOX-1D ダウンリンク周波数>
145.880MHz

 

 また今回のPSLV-C40ロケットからは、フランスのパリ天文台による衛星「PicSat」も軌道に投入されたが、同衛星にもVHF/UHFのFMトランスポンダが搭載されている。

 

<PicSat アップリンク周波数>
145.910MHz(アクセスには1750Hzトーンバーストが必要)

 

<PicSat ダウンリンク周波数>
435.525MHz

 

 

 

●関連リンク:
・Fox-1D Amateur Radio CubeSat Launches Successfully, Now Designated as AO-92(ARRL NEWS)
・AMSAT FOX-1D打ち上げ成功(AMSATがAO-92のオスカーナンバーを付与)(JARL Web)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」