hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARD > 【写真リポート】<34名の子供たちがモールス体験やラジオ製作に挑戦>JARD、「第6回 小中学生向けアマチュア無線入門講座」を開催!!

【写真リポート】<34名の子供たちがモールス体験やラジオ製作に挑戦>JARD、「第6回 小中学生向けアマチュア無線入門講座」を開催!!

一般財団法人 日本アマチュア無線振興協会(JARD)は2018年7月22日、東京都千代田区の科学技術館で「第6回 小中学生向けアマチュア無線入門講座~アマチュア無線ってどんなもの?~」を開催した。関東各県から34名の小中学生が集まり、アマチュア無線の楽しみ方に関する講演を聴いたり、モールス符号当てゲーム、FMラジオの製作、特小トランシーバーによる交信体験などを楽しんだ。

 

 

科学技術館の入口で記念撮影

 

 

 JARDは情報通信月間(総務省、情報通信月間推進協議会が制定)の行事として、若年層へアマチュア無線の楽しみをPRする「小中学生向けアマチュア無線入門講座」を、毎年この時期にJARL東京都支部、JAIAなどの協力で開催している。

 

 7月22日、東京都千代田区の科学技術館会議室に34名の小中学生が集合。会場内に展示されたJAIA(日本アマチュア無線機器工業会)各メーカーのアマチュア無線機器に触れたり、特定小電力トランシーバーを使って「交信ごっこ」への挑戦、ベテランのアマチュア無線家による「アマチュア無線の楽しみ方」の講演、モールス符号を当てるゲームなどを楽しんだ。また後半ではハンダ付け不要のAM/FMラジオキットの製作を父兄と共に行った。

 

今年は6歳から13歳まで34名の小中学生とその父兄が参加

 

 では、当日の模様を写真で紹介していこう。

 

イベントの冒頭で挨拶する、三木JARD会長(JA1CIN)

科学技術館の玄関前に第一電波工業の新・無線デモカー(軽キャンパー)を展示

子供たちは無線デモカーに乗ったり、無線機器を見て楽しんだ

モールス体験の時間では、1人に1台配布された練習機を使って、実際にモールス符号を打ったり、符号当てクイズを楽しんだ

今年のアシスタントは秋葉原の観光ガイド兼、電子工作スペース「アセンブラージュ」のJH1RNQ 槇野汐莉さん。超小型コンピュータ「IchigoJam」によるモールス符号発生装置を製作し、子供たちに出題を行った

休み時間には展示されているモールス発振器や電鍵に子供たちが集まり、思い思いに符号を打って楽しんでいた

パドルでCW打鍵に挑戦する参加者も

会場にはJAIA加盟各社のアマチュア無線機やアンテナなどが展示された

自由に使える特定小電力トランシーバーも多数用意

子供たちは特小トランシーバーで楽しく交信体験を行った

父兄と共に楽しむAM/FMラジオキットの製作タイム。JARDやJARL東京都支部のスタッフがサポートし、全員が1時間でラジオを組み立てた

ラジオを真剣に組み立てる子供たち

モールス符号当てゲームの賞品を争奪し、槇野汐莉さんとジャンケンを行う

 

 

 

●関連リンク:JARDホームページ

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」