hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 話題 > <1954(昭和29)年創刊、無線従事者の育成に努めた770号>月刊誌「電波受験界」が2018年12月号をもって休刊に

<1954(昭和29)年創刊、無線従事者の育成に努めた770号>月刊誌「電波受験界」が2018年12月号をもって休刊に

無線従事者国家試験の参考書や加除式電波法令集、無線局用図書の刊行などで知られる一般財団法人 情報通信振興会(旧名称:電波振興会、電気通信振興会。略称:DSK)は、諸般の事情から月刊誌「電波受験界」を2018年12月号(11月14日発売)をもって休刊することを発表した。同誌は1954(昭和29)年10月の創刊、現在までの通巻は769号となる。

 

 

10月13日に発行された最新号「電波受験界」2018年11月号表紙。同誌は次号(12月号)で休刊となる

 

 

 無線従事者国家試験に関する情報をはじめ、無線従事者教育機関や就職先となる企業の情報、業務上の役立つ情報などが掲載された月刊誌「電波受験界」。プロの無線従事者や1・2アマを目指した経験のある人なら一度は手にしたことだろう。インターネットがない時代、直近の国家試験で出題された問題や正答を知るための唯一無二といえる情報源となっていた。また受験者の「合格体験記」の投稿に励まされ、“いつか自分もこのコーナーに載りたい”と思った人も多いのではないだろうか。

 

 2018年10月10日、情報通信振興会がホームページで告知した同誌の「休刊のお知らせ」は次のとおり。

 


 

「電波受験界」休刊のお知らせ

 

 平素は「電波受験界」をご愛読いただきまして、誠にありがとうございます。

 

「電波受験界」は無線従事者国家試験受験指導雑誌、無線従事者情報誌として多くの皆様に支えられながら発行を重ねてまいりましたが、諸般の事情により、2018年12月号(2018年11月14日発売)をもちまして、休刊することといたしました。
 なにとぞ、ご理解とご賢察を賜りますようお願い申し上げます。

 

 1950年6月に電波法が制定され、それに伴い当会が設立。無線従事者育成業務の一環として、雑誌や書籍の発行を通じて情報提供を行って参りました。
「電波受験界」は1954年10月に「電波時報 別冊無線従事者国家試験受験の手引き」から始まり「無線と受験」を経て、1965年5月に「電波受験界」と誌名を改め、現在に至っておりました。
 この間、情報通信技術の発展はめざましく、さらに、無線従事者を取り巻く環境もまた大きく変化しました。ここで一旦、雑誌での情報提供を終了させていただき、出版ならびにメディア関連コンテンツの強化、充実を進め、既存のコンテンツとともに電子書籍などの新規コンテンツも含めた総合的な情報発信に努めていく所存です。

 

 長年にわたりご愛読いただきました読者の皆様、ご寄稿いただいた皆様、ならびにご支援いただいた関係の皆様に、この場をお借りし心より御礼を申し上げるとともに、休刊のご挨拶とさせていただきます。

 

 今後とも引き続き温かいご支援をいただきますよう、お願い申し上げます。

 

一般財団法人 情報通信振興会

 

「電波受験界」休刊のお知らせ

 

 


 

 情報通信振興会のホームページにあるオンラインショップでは、2007(平成19)年8月号から最新の2018(平成30)年11月号までの「電波受験界」のバックナンバーが購入できる。さらに直近の5号分は一部ページを無料で試し読みすることも可能だ。

 

 

情報通信振興会のオンラインショップ。2007(平成19)年8月号から最新の2018(平成30)年11月号までの「電波受験界」のバックナンバーが購入できる

 

 

 なお「電波受験界」休刊号となる2018年12月号(11月14日発売)の予約には、下記のAmazonリンクが便利だ。

 

 

 

 

 

●関連リンク:
・電波受験界 休刊のお知らせ PDF(一般財団法人 情報通信振興会)
・電波受験界バックナンバー(一般財団法人 情報通信振興会オンラインショップ)
・一般財団法人 情報通信振興会

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」