hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 無線グッズ > <移動運用から災害時まで、定格1.8kVAの高出力と連続運転>ヤマハ、ブーストモードやDCコンセントを搭載した発電機「EF1800iS」を新発売


<移動運用から災害時まで、定格1.8kVAの高出力と連続運転>ヤマハ、ブーストモードやDCコンセントを搭載した発電機「EF1800iS」を新発売

ヤマハ発動機株式会社は、ヤマハインバータ発電機の新製品「EF1800iS」を発表した。2019年2月15日より発売を開始する。EF1800iSの主な特徴は、小型・軽量スクエアボディーに1.8kVAのインバーター高出力を確保し、高い起動電力を必要とする機器に対応できるよう、1分間、出力をアップする「ブーストモード」を新たに追加。ノイズの少ない12V±1.5VのDC(直流)コンセントも搭載している。さらに、EF1800iSを2台接続して行う並列運転(オプションの並列コードが必要)では3.6kVAにパワーアップができる。最大10.5時間の連続運転を確保。希望小売価格は208,000円(税別)。

 

 

ヤマハ発動機の新製品「EF1800iS」

 

 

 ヤマハ発動機(ヤマハ モーターパワープロダクツ)からのプレスリリースを抜粋で紹介する。

 

 

 

工事現場等でのプロユースやバックアップ電源に必要な高出力と新機能を追加
ヤマハインバータ発電機「EF1800iS」を新発売

 

「EF1800iS」は、余裕の出力性能や小型・軽量スクエアボディーなど、プロユースを意識した性能と機能を追求した新製品です。主な特徴は以下のとおりです。

 

(1)家庭電源(15A)を上回る1.8kVAの高出力性能
(2)多様な電力供給を実現する当社初の12Vアクセサリーソケット
(3)エンジンスイッチと燃料コックを併せ始動を簡易にするスマートコック
(4)起動電力が必要な機器の始動に役立つ「ブーストモード」
(5)小型・軽量で収納に優れたスタイリッシュなスクエアボディーに、運搬しやすい3つの大型ハンドルを備えたデザイン、
(6)クラス最高の連続運転時間※を確保する大型燃料タンク

 

 このほか、工具を使わずレバーを回すだけでキャブレター内の残燃料を排出できる専用コック、多機能LEDインジケーターや暗所作業時にコントロールパネルを照らすLEDライト、3.6kVAを確保する並列運転など、充実した機能を備えています。

 

 

バックアップ電源に必要な高出力と新機能を追加

 

 

《主な特長》

 

■高負荷の機器に対応する1.8kVAの高出力を実現

建設工事や内装工事などで使用する高負荷の電動工具に対応するため、家庭電源の15Aを上回る1.8kVAの高出力性能を実現しました。また高い起動電力を必要とする機器に対応できるよう、1分間、出力をアップする「ブーストモード」を新たに追加。これにより高出力、定格、エコノミーの3モードが選択可能となりました。

 

■多様な電力供給
 交流コンセント(100V/18A)に加え、直流コンセントは12Vのレインカバー付きアクセサリーソケットを当社で初めて採用。また、専用の発電コイルと専用設計のAC-DCコンバーターにより、ノイズのない12V±1.5Vの極めて安定した電圧供給を実現し、災害時など汎用性を向上しました。

 

■簡易な始動性を実現するスマートコック
 従来はエンジンスイッチと燃料コックを別々に操作し、リコイルスターターを引いて始動していました。EF1800iSではエンジンスイッチと燃料コックを併せたスマートコックを採用。コックのレバーを回しスターターを引っ張るだけの始動を実現しました。

 

■機能性とデザインを両立するスクエアボディー
 小型・軽量なスクエアボディーに3つの大型ハンドルを採用し、片手・両手、1人、または複数でも運搬しやすくしました。また四角い形体は、運搬や収納、設置に貢献するだけでなく、スタイリッシュで所有感を満たすデザインとしています。さらに大型燃料タンクを採用し、クラス最高の連続運転時間を確保※。工事現場等でのプロユースや非常用バックアップ電源としての機能を高めました。※当社調べ(2018年10月現在)

 

■利便性とメンテナンス性を向上
 バックパネルは工具を使用せずに取り外しが可能。またキャブレターの残燃料を、コックのレバーを回すだけで排出できる設計とし、長期保管時や始業点検時など、メンテナンス性を向上しました。

 

■視認性が高く多機能なLEDインジケーターとデジタルマルチメーター
 電力表示やトラブル発生時の警告などを備えた多機能LEDインジケーターと、メンテナンス時期を把握できるアワーメーター(運転積算時間)や電圧を表示するデジタルマルチメーターを採用しました。なお、暗所でもスイッチ類の確認ができるLED照明をインジケーター下部に設定しました。

 

■並列運転で3.6kVAの大出力を達成
 EF1800iSを2台繋げて行う並列運転では、接続によるロスをなくし3.6kVAを達成しました。なお、並列運転を行うためには、オプションの並列コードが必要になります。

 

 

●「EF1800iS」スペック

 

 

 

 詳細は下記関連リンク参照。

 

 

●関連リンク:
・EF1800iS 1.8kVA 防音型 インバータ発電機(ヤマハ発動機)
・EF1800iS 1.8kVA 防音型 インバータ発電機(ヤマハ発動機)
・ヤマハインバータ発電機「EF1800iS」を新発売 (ヤマハ モーターパワープロダクツ)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」