hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > アプリ情報 > <新たにメモリ機能を搭載 & iOS12に対応>キュービック、現在地のJCC/JCGナンバー(ハムログコード)やグリッド・ロケーターなどを表示する無料アプリ「QTH Locator QBIC 5」をリリース!!


<新たにメモリ機能を搭載 & iOS12に対応>キュービック、現在地のJCC/JCGナンバー(ハムログコード)やグリッド・ロケーターなどを表示する無料アプリ「QTH Locator QBIC 5」をリリース!!

QSLカード印刷のキュービック(群馬県)は、GPS機能を利用しマップ上に現在地とそのJCC/JCGナンバーや住所、グリッド・ロケーターなどを表示するiPhone/iPad用アプリ「QTH Locator QBIC」の最新版として、iOS12に対応した「バージョン5」をリリースした。最新の市区町村情報を反映したほか、新たに「メモリ機能」を実装し、過去に行った場所や測距した場所を再現できるようになった。現在App Storeでは最新版Ver.5.01の無償提供が行われている。

 

 

「QTH Locator QBIC 5」の起動画面

 

 

 キュービックが提供する「QTH Locator QBIC」は、iPhone、iPad用iOS対応のアマチュア無線アプリとして2014年1月に登場した。GPS機能を利用して現在地や地図で指定した場所の日本語表示での住所(ふりがな付き)、JCC/JCG、ハムログコード、グリッド・ロケーター、緯度経度、2地点間の直線距離などを表示する人気の無料アプリだ。このほど、最新OSのiOS12に対応し、名称を「QTH Locator QBIC 5」とした。ダウンロードは下記関連リンクのAppStoreから行える。

 

GPS機能を利用し現在地(または地図で指定した場所)の住所、JCC/JCGナンバー、ハムログコード、グリッド・ロケーターなどを表示可能。難読地名もふりがなが併記されるのがありがたい

地図上の任意の場所との距離や方角を測定・表示可能。上の画像の現在地(京都市中京区)を起点に、東京・南大塚のJARL事務局までを測ってみた。結果はマップの下に表示される

さまざまな地図モードを選択可能。航空写真も表示できる

 

 最新の市区町村情報を反映したほか、新機能として「メモリ機能」を実装。過去に行った場所や測距した場所を再現できるようになった。またQTH Locator 5の実際の操作画面(開発中のもの)は、YouTubeで公開されている。

 

新たに「メモリ機能」を実装し、過去に行った場所や測距した場所を再現できるようになった

 

YouTube 「iOS版 QTH Locator 5の動作映像」(画像をクリックでスタート↓)

 

 

 キュービックでは同アプリの登場記念として、QSLカード印刷を注文者に、コールサイン入りのステッカー18枚1組をプレゼントするキャンペーンを行っている(12月16日注文分まで)。詳細は下記関連リンクでキュービックのサイトを参照のこと。

 

キュービックでは「QTH Locator 5」の公開記念で、QSLカード注文者にコールサイン入りステッカーをプレゼントするキャンペーンを実施中だ

 

 なお同社は「全国のユーザー様から届き始めました不具合情報は、1か月程度の収集時期の後に、対応版を“5.1バージョン”として2019年1月初旬程度に配信する所存です」としている。またAndoroid用アプリについては「アンドロイド版は現在バージョン3で止まっておりますが、公開は継続中です。iOS版がリリースできましたら、来年はアンドロイド版QTH Locator 5の開発にリソースを傾ける所存です」と説明している。

 

 

 

●関連リンク:

・iOS12用アプリ「QTHLocatorQBIC Ver.5」(App Store)
・「QTHLocatorQBIC」各部の説明など(キュービック)
・キュービック
・Turbo HAMLOG
・市郡区番号リスト(JARL Web)
・グリッド・ロケーター(JARL Web)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」