hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > BCL > 【ハムフェア2019】<540kHzに合わせてC-060に集まろう!>全国・電波ホットスポット探検隊、会場2か所に分かれて無電源ラジオの展示と部品販売&製作相談

【ハムフェア2019】<540kHzに合わせてC-060に集まろう!>全国・電波ホットスポット探検隊、会場2か所に分かれて無電源ラジオの展示と部品販売&製作相談

アマチュア無線家が中心となって、無電源ラジオで電波が良く入る場所を探すことを楽しむサークル「全国・電波ホットスポット探検隊」は「ハムフェア2019」に出展(ブース番号:J-13とC-060)し、ゲルマニウム(鉱石)ラジオとしても身近なオリジナル“無電源ラジオ”の展示や製作に必要な部品販売、製作相談などを行う。奥が深い無電源ラジオの世界。さまざまなノウハウを持つメンバーからアドバイスが受けられる、またとないチャンスと言えるだろう。「各自の状況(資料など)をまとめて、ブースにお越しください。筆記用具などもお忘れなく」と呼びかけている。

 

 

 

 ゲルマニウムラジオなどオリジナルの“無電源ラジオ”を自作して、電波が良く入る穴場を日夜探すことを楽しんでいる「全国・電波ホットスポット探検隊」では、メンバーが新たに開発した無電源ラジオの数々を、ハムフェア会場で展示・発表する。また、製作に必要な部品販売、製作相談なども行う。

 

 

8192Hz水晶振動子「1PPS発生器」

 

 

 今回展示品の目玉は、8192Hz水晶振動子をバイナリ分周したという「1PPS発生器」。可聴帯域の発振周波数なので、発振音を聞くことができる理科学教材などに便利だとしている。人が耳で聞ける音の範囲は20~20,000Hzと言われている。歳をとると高域が聞きづらくなるが、貴方は8192Hzの音を感じることができるだろうか?

 

 

ゲルマニウム・ダイオード試作品(青いケースが試作品)

ダイオード順方向電圧を比較したグラフ

 

 

 さらに「無電源ラジオ、トランジスタ・ラジオ、受信機を540kHzに合わせてC-060に集まろう!」という催しを開催。ハムフェア期間中だけ「540kHzドラえもん標準電波送信所」が開局する。会場では時刻同期を取っていないため、昔の短波JJYの雰囲気だけ味わってほしいとしている。

 

「ドラえもんの頭に触れれば、なつかしい女性アナウンスの短波JJYが聞こえるよ」。送信出力を抑えているのでトランジスタ・ラジオの方が良く聞こえるそうだ。

 

 

540kHzドラえもん標準電波送信所。ドラえもんの頭を触って、JJYのなつかしい女性アナウンスの声を聞いてみよう

 

 

 

 

 なお、「全国・電波ホットスポット探検隊」のブース番号「J-13」と「C-060」は、「【ハムフェア2019】<事前にチェック!会場内のブース配置図(暫定版)>223団体が参加する『ハムフェア2019』企業、クラブ出展ブースの小間割りが判明」の既存記事(2019年7月25日記事)で場所の確認ができる。

 

 

 

 

 

 

●「ハムフェア2019」情報提供のお願い(このバナーをクリック!)

 

 

 

 

●関連リンク:
・ハムフェア2019 全国・電波ホットスポット探検隊も参加します。(全国 電波ホットスポット探検隊)
・全国 電波ホットスポット探検隊
・鉱石ラジオ(ウィキペディア)
・JJY(ウィキペディア)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」