hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > JARD > <JARDには通常の7倍の問い合わせが…>信越総合通信局、旧スプリアス機器を使用中のアマチュア局へ「お知らせ」を郵送

<JARDには通常の7倍の問い合わせが…>信越総合通信局、旧スプリアス機器を使用中のアマチュア局へ「お知らせ」を郵送

総務省信越総合通信局は、現在も旧スプリアス規格の無線設備で局免許を受けていて、令和4(2022)年11月30日までに再免許時期を迎えるアマチュア局(約4,000局)の免許人に対し、新スプリアス規格への対応手続きを案内する書面を3月下旬に郵送した。スプリアス確認保証を行っているJARD(一般財団法人 日本アマチュア無線振興協会)には、この手紙を受け取った信越地区(0エリア)の免許人から、通常の7倍におよぶ問い合わせが寄せられているという。

 

 

信越総合通信局が管内のアマチュア局免許人(旧スプリアス機器を含む無線設備で免許を受けている)に発送した手紙

 

 

 平成17(2005)年12月1日施行のスプリアス規格の改正により、平成17年11月以前のスプリアス規格(旧スプリアス規格)で作られたすべての無線機は、新スプリアス規格に合致していることが証明できない限り、平成29(2017)年12月1日以降、新たに免許や変更許可が受けられなくなっている。平成29年11月30日までにこれらの無線機で免許を受けていた場合、免許の有効期限までは使用を続けられるが、その後は新スプリアス規格への対応が求められる。

 

 このほど信越地方のアマチュア無線家からhamlife.jpに寄せられた情報によると、3月下旬に「信越総合通信局」と書かれた横長の封筒が突然送られてきたという。電波利用料関係の通知かと思って開封したところ、「アマチュア無線局の新スプリアス規格への対応について(お知らせ) 」と題したA4用紙3枚の手紙が同封されていたそうだ。

 

 これは信越総合通信局が独自に、旧スプリアス機器を含む無線設備で免許を受けているアマチュア局(令和4年11月30日までに再免許時期を迎える約4,000局)の免許人に発送したもの。手紙の全文を下記に紹介する。

 

 

信越総合通信局からの手紙(1ページ目)※折り目の汚れが目立つ部分に一部画像処理を施しました

信越総合通信局からの手紙(2ページ目)※折り目の汚れが目立つ部分に一部画像処理を施しました

信越総合通信局からの手紙(3ページ目)※折り目の汚れが目立つ部分に一部画像処理を施しました

 

 

 これを受け取ったアマチュア無線家は、「手紙を読んで初めて、自分が免許を受けている無線設備に旧スプリアス規格のリグが入っていることに気付きました」と述べ、今後は再免許申請の前に無線機の入れ替えを行いたいと語ってくれた。

 

JARDの「スプリアス確認保証」と現状

 

 JARDでは旧スプリアス規格のアマチュア無線機で現在も免許を受けている人が、今後もそのリグを使い続けられるようにするための「スプリアス確認保証」を平成28(2016)年秋から行っている。JARDが平成17年11月以前に作られたアマチュア無線機を測定し、新スプリアス規格にも適合していることが確認できた機種が対象で、現在はおよそ1,000機種が「スプリアス確認保証可能機器リスト」に掲載されている。

 

 JARDは「スプリアス確認保証」を開始後、各地のアマチュア無線イベントで新スプリアス規格とスプリアス確認保証に関連する講演を行い、周知啓蒙するためのブースを設けているほか、スプリアス測定ができる独自イベントを開催してきたが、最近はスプリアス確認保証の利用者数もやや落ち着きを見せていた。

 

 ところが信越総合通信局からの手紙が、対象者(旧スプリアス規格の無線機を含み、令和4年11月30日までに再免許申請を控えているアマチュア局、およそ4,000局の免許人)に郵送されてからは問い合わせが急増しているという。

 

 JARD保証事業センターの担当者は「この周知のおかげで、信越総合通信局エリアからのスプリアス確認保証の申込件数は、これまで全国の5%程度でしたが、この1週間は35%と7倍に増えました。問い合せの電話やメールも同じ割合で増えていますが、その内容は“スプリアス規定って何?”といったものが多く、新スプリアス対応には個別周知が必要であることを再確認できたところです」と語っている。

 

 今のところ、アマチュア局の免許人に「あなたの無線設備に旧スプリアス機器が含まれています」という手紙を発送した総合通信局は信越局だけだが、これだけ反応があるということは、他のエリアにも多数の“旧スプリアス機器を使用中のアマチュア局”や“スプリアス規定の変更を知らないアマチュア局”が残っていると推測できる。この取り組みが他の総合通信局にも広がってほしいものだ。またJARDは「新スプリアス規格への対応について、まだまだ知らない人が多いようですので、ぜひお知り合いの局にも教えてあげてください」と呼び掛けている。

 

 

 

●関連リンク:
・スプリアス確認保証(JARD)
・アマチュア無線に関するご案内(信越総合通信局)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」