hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > メーカー情報 > <FTDX101シリーズのリモート運用ができる>八重洲無線、ネットワークリモートコントロールシステム LANユニット「SCU-LAN10」発売

<FTDX101シリーズのリモート運用ができる>八重洲無線、ネットワークリモートコントロールシステム LANユニット「SCU-LAN10」発売

八重洲無線株式会社は2020年4月27日、同社のHF/50MHz帯固定機、FTDX101シリーズをLANやインターネットに接続してリモート運用を可能にする、ネットワークリモートコントロールシステム LANユニット「SCU-LAN10」を2020年5月初旬に発売すると発表した。希望小売価格は29,800円(税別)、この遠隔操作にも対応したFTDX101シリーズの最新版ファームウェアを4月30日に同社Webサイトで公開する予定だ。

 

 

八重洲無線のネットワークリモートコントロールシステム LANユニット(SCU-LAN10)

 

 

 八重洲無線の発表から抜粋で紹介する。

 


 

デュアルバンドスコープ対応で離れた場所からもハイブリッドSDRのメリットを活かしたリモート運用を実現する
ネットワークリモートコントロールシステム LANユニット(SCU-LAN10)発売のご案内

 

 八重洲無線株式会社は、ハイブリッドSDR HF/50MHzトランシーバーFTDX101シリーズをLANやインターネットに接続してリモート運用を行うことができるネットワークリモートコントロールシステムLANユニット「SCU-LAN10」の販売を開始いたします。

 

・商品名:ネットワークリモートコントロールシステムLANユニット(SCU-LAN10)
・標準価格:29,800円(税抜)
・発売日:2020年5月初旬

 

 ネットワークリモートコントロールシステムは、FTDX101シリーズに対応するLANユニット(SCU-LAN10)と、遠隔操作用PCソフトウエア(SCU-LAN10 ネットワークリモートコントロールソフトウエア)で構成され、PCソフトウエアをインストールした遠隔地のパソコンからトランシーバーのリモート運用を行うことができます。

 

 リモート運用では、トランシーバーの基本操作の他、デュアルバンドスコープをはじめとした多彩なスコープ表示、その他の充実した機能で離れた場所からでもハイブリッドSDRのメリットを活かした運用が可能となります。

 

<ネットワークリモートコントロールシステム SCU-LAN10の特長>
・用途やパソコンのデスクトップ環境に合わせて配置を選べる操作パネル
・MAIN/SUBバンド送受信操作
・MAIN/SUBバンドDUALスコープ表示
・3DSS表示/ウォーターフォールディスプレイ対応
・各種フィルター・混信除去機能
・メモリーチャンネル機能など

 

<FTDX101シリーズの遠隔操作を行うために必要な機器の仕様とPCソフトウエア>

 

(1)FTDX101シリーズトランシーバーのファームウエアアップデート
 FTDX101シリーズの遠隔操作を行うためには、FTDX101を最新ファームウエアにアップデートすることが必要です。

 

(公開予定の最新ファームウエアのバージョン)
・MAIN:V01-14
・DISPLAY:V01-06
・IF DSP(MAIN DSP/SUB DSP):V01-05
・SDR(MAIN SDR/SUB SDR):V02-03
※最新ファームウエアは八重洲無線WebサイトのFTDX101シリーズ製品ページよりダウンロードしてアップデートを行ってください(2020/4/30Webサイトへのアップを予定)。

 

(2)リモートコントロール用PCソフトウエア
 LANまたはインターネットに接続して遠隔操作を行うパソコンにはリモートコントロール用PCソフトウエア(SCU-LAN10ネットワークリモートコントロールソフトウエア)のインストールが必要です。
※SCU-LAN10ネットワークリモートコントロールソフトウエアは、八重洲無線WebサイトのFTDX101シリーズ製品ページよりダウンロードしてパソコンにインストールしてください。

 

(3)リモートコントロール用パソコンの仕様とネットワーク環境
 遠隔操作を行うために使用するパソコンやケーブル、ネットワーク環境については以下が必要となります。

 

★遠隔操作用パソコン/ケーブル仕様
・Microsoft Windows8.1または10(32ビット/64ビット)
・LAN端子
・オーディオ機能(スピーカーまたはヘッドホン、マイク)
・LANケーブル:市販のストレートLANケーブル(カテゴリー5e以上)

 

★推奨ネットワーク環境
・LAN環境(屋内でリモートコントロールを行う場合)
・100base-TX以上
・インターネット回線(インターネット経由でリモートコントロールを行う場合)
・LANユニット(SCU-LAN10)からPC:実効速度2Mbps以上を推奨
・PCからLANユニット(SCU-LAN10):実効速度1.2Mbps以上を推奨

 

(4)ネットワークリモートコントロールシステム LANユニット(SCU-LAN10)
 FTDX101シリーズ背面のアクセサリコネクタ(ACC)およびUSBコネクタに付属のケーブルでLANユニット(SCU-LAN10)を接続し、LANユニット(SCU-LAN10)からLANまたはインターネット回線に接続します。

 

<ネットワークリモートコントロールシステムLANユニット(SCU-LAN10)同梱品>
・LANユニット(SCU-LAN10)本体
・接続用ケーブル(13pin DINコネクタ)
・USB(A-B)ケーブル
・フェライトコア(2個)

 

<ネットワークリモートコントロールシステム LANユニット(SCU-LAN10)仕様
・ケース寸法:W111×H31.5×D135mm(突起物含まず)
・重量:約420g
・使用温度範囲:0~50℃(屋内設置)

 

 

 

●関連リンク:
・FTDX101シリーズ(八重洲無線)
・FTDX101シリーズ 各種ファイルのダウンロード(八重洲無線)
・各種ファイルのダウンロード:ネットワークリモートコントロールシステム(八重洲無線)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」