hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > BCL > 【会場写真追加】<会場にミニFM局、特製ベリカード発行>漫画家あびゅうきょ(JH1EAF)、11月18~27日に画業40周年記念原画展「阿佐ヶ谷快晴無電局」開催

【会場写真追加】<会場にミニFM局、特製ベリカード発行>漫画家あびゅうきょ(JH1EAF)、11月18~27日に画業40周年記念原画展「阿佐ヶ谷快晴無電局」開催

講談社「コミックモーニング」誌に連載された「快晴旅団」をはじめ、「ジェットストリームミッション」「STRANGER」などの作品で知られる漫画家、あびゅうきょ(本名:安部幸雄氏、JH1EAF)が、画業40周年を記念する原画展「阿佐ヶ谷快晴無電局」を2022年11月18日(金)から27日(日)まで、東京都杉並区阿佐ヶ谷で開催する。会場ではこれまでに執筆した漫画やイラスト原画を展示するほか、複製原画、コミックス、同人誌の頒布販売が行われる。さらに同氏の趣味であるアマチュア無線やライセンスフリー無線の運用とミニFM局の開設を行い、特製のQSLカードやベリカードも発行するという。事前予約は不要、入場無料で誰でも来場できる。

 

 

 

 

 

 あびゅうきょ工房を主宰する安部幸雄氏は、「あびゅうきょ」のペンネームで活躍する漫画家だ。その作風は、緻密な描写と現代社会を鋭く風刺した作品は印象に残りインパクトがありファンも多い。
 またFM放送の遠距離受信は長年の趣味であり、専門誌でその成果が紹介された経歴もある。さらにアマチュア無線では「JH1EAF」、ライセンスフリー無線では「すぎなみYA34」のコールサインで移動運用を中心に活動を行っている。

 

 今回の画業40周年記念原画展『阿佐ヶ谷快晴無電局』について、同氏は “夏に出したアマ無線漫画『「む」は無線の「む」』の原画展示を中心に、ギャラリーからは期間限定ミニFMやアマ無線と特定小電力無線の公開運用も予定しています。JR阿佐ヶ谷駅のすぐ近くですので、ぜひお気軽にお立ち寄りください” と呼び掛けている。

 

 以下、あびゅうきょ工房から届いた原画展の情報を整理して紹介する。

 


 

★漫画家あびゅうきょ 画業40周年原画展『阿佐ヶ谷快晴無電局』について

 

◆期間:2022年11月18日~27日(11:00~19:00)

 

◆会場:「Context-s TOKYO」(コンテクスト トウキョウ)
    (東京都杉並区阿佐谷南1丁目47-4)

 

◆交通:JR「阿佐ヶ谷」駅南口 徒歩5分
 パールセンターアーケード入り口からセブンイレブン向かいの路地左折すぐ

 

 

◆内容:漫画・イラスト原画展示及び複製原画、コミックス、同人誌頒布販売など

 

・デビューから現在までの代表作品原画に加えて直近のラジオや無線を主題としたオリジナル作品の世界観を再現した仮想無電局風空間構成

 

・作品展示の他にレトロな真空管ラジオや無線機等をディスプレイとして配置し、古い昭和初期の無電局のような空間で構成

 

◆その他の企画:

・ミニFM放送局「阿佐ヶ谷快晴無電局(アサガヤサニーレディオステーション)」開設

・トランシーバーによる交信(アマ無線・フリーライセンス無線)等

・阿佐ヶ谷一番街にあるBAR「バルト」とのコラボ

 

会場の「Context-s TOKYO」(コンテクスト トウキョウ)は、大正から昭和の文化住宅風ギャラリーだ

会場内レイアウト(予定)

 

★期間限定のミニFM放送局「阿佐ヶ谷快晴無電局」について

 

・局名:「阿佐ヶ谷快晴無電局(アサガヤサニーレディオステーション)」

 

・演奏および送信場所:「Context-s」(コンテクスト)ギャラリー(東京都杉並区阿佐谷南1丁目47-4)

 

・放送エリア:法定内微弱電波でのギャラリー周辺

 

・放送期間:2022年11月18日~27日

 

・放送時間:10:00~19:00JST(期間中毎日)

 

・周波数:87.9MHz

 

・ベリカード:
 受信報告にはベリカードの発行を予定しております。受信報告は直接ギャラリーにお越しいただくか、メール(jh1eaf@jarl.com)でお送りください。
 また、期間内にアマチュア無線、特定小電力無線で交信していただいた方には限定仕様のQSLカードも発行予定です(QSLカード交換はダイレクト、ビューロー経由どちらでも構いません)。

 

 

ミニFM放送局「阿佐ヶ谷快晴無電局」ベリカード見本(表/裏)

アマチュア無線局(JH1EAF)、ライセンスフリー無線(すぎなみYA34)QSLカード見本(表/裏)

 

 


 

 11月20日、あびゅうきょ工房から原画展会場の写真が届いたので追加で紹介する。

 

原画展会場入口

ミニFM放送ブースは建物の外からも見ることができる

原画展の会場内風景

ミニFM放送ブース+無線運用ブース

愛用のBCLラジオや無線機も展示

CW運用風景

 

 

 

こちらの記事も参考に(2022年8月12日掲載)
<「コミックマーケット100」「ハムフェア2022」「コミティア141」で頒布>漫画家あびゅうきょ(JH1EAF)、アマチュア無線を主題としたオリジナル自費出版漫画『「む」は無線の「む」』を発刊

 

 

 

●関連リンク:
・原画展 『阿佐谷快晴無電局』準備進捗状況
・あびゅうきよブログ/快晴旅団
・あびゅうきょ公式サイト
・あびゅうきょ(pixiv)
・Twitter あびゅうきょ
・会場 Context-s

 

 

 

●いったん広告です:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
充電式ニッケル水素電池 単3形8個セット (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)