hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > イベント > <写真で見る>若田宇宙飛行士との交信成功に沸く!!「ARISSスクールコンタクト in とちぎ」(8N1ISS)会場リポート


<写真で見る>若田宇宙飛行士との交信成功に沸く!!「ARISSスクールコンタクト in とちぎ」(8N1ISS)会場リポート

12月14日、日本上空を通過する国際宇宙ステーション(ISS)の若田宇宙飛行士とアマチュア無線で交信しようというイベント、「ARISSスクールコンタクト in とちぎ」が、栃木県宇都宮市の帝京大学宇都宮キャンパスで開催され、公募で選ばれた栃木県内の小中学生15人が交信に成功した。その感動と熱気あふれる模様と写真を紹介しよう。

 

「ARISSスクールコンタクト in とちぎ」に参加した15名の小中学生による記念写真。つなぎを着ている子供たちは「宇宙少年団」に所属している

「ARISSスクールコンタクト in とちぎ」に参加した15名の小中学生による記念写真。つなぎを着ている子供たちは「宇宙少年団」に所属している

 

 小中学生が、アマチュア無線を使って国際宇宙ステーションの宇宙飛行士と交信するというプロジェクト「ARISSスクールコンタクト」は、JAXAやJARL、関係各団体の協力で各地で行われているが、栃木県内で開催されるのは今回が初めて。学校単位で行われることが多いスクールコンタクトだが、今回は栃木県民の科学技術に対する理解・興味の促進を図る目的の地域団体「とちぎサイエンスらいおんプロジェクト」が主催し、栃木県全域から参加者を募集する形で実施された。

 会場となった宇都宮市の帝京大学宇都宮キャンパスには、89名の応募者の中から選ばれた15名の小中学生(中学生2名、小学生13名)が緊張の面持ちでスタンバイ。300名ほど入る同キャンパスの会場内は見学者でほぼ満席となった。
 予定時刻にISSが見えてきた頃、キャンパス内に設置した地上局「8N1ISS」から、145.80MHzで国際宇宙ステーションの若田宇宙飛行士(NA1SS)を数回コール。無事に若田さんの声が聞こえ、会場内には感動と安堵の声が広がった。
 子供たちは順番にマイクを持って若田さんに質問を送り、若田さんは1人ずつに丁寧に回答。途中、ノイズにかき消された場面もあったが、最後は若田さんからの「さようなら」が届き、会場は拍手に包まれ、無事にミッションが終了した。これでARISSスクールコンタクトの成功は日本で70例目となった。

 なお、今回使用した無線設備は、帝京大学宇都宮キャンパス内の航空宇宙工学科研究室に設置され、スピーカーとマイクを会場まで延長して使用。航空宇宙工学科は、衛星の打ち上げを計画しており、そのために設置した地上管制局の設備を使ったとのこと。
 また、今回のイベントが不法局の電波で妨害されないよう、関東総合通信局の電波監視部が前日から宇都宮周辺で、不法局、違法局の摘発を実施したという(地上側では仰角を上げると不法局は聞えなくなるが、ISSではかぶってしまう)。こうした関係者の努力が実り、イベントを成功裏に終わらせることができた。<写真・取材協力:ハムのラジオ>

 

 

「ARISSスクールコンタクト in とちぎ」のイベントと、実際の交信の模様は、12月22日(日)21時から、茨城県水戸市の「FMぱるるん」で放送される「ハムのラジオ」の番組内で紹介される予定だ。同番組はサイマルラジオにより、インターネット経由の生放送で聴くことができるほか、23日(月)以降は「ハムのラジオ」のWebサイトから、ポッドキャストで聞くこともできる。

 

<写真で見る「ARISSスクールコンタクト in とちぎ」>

 

会場には若田宇宙飛行士の大きな写真パネルも設置された

会場には若田宇宙飛行士の大きな写真パネルも設置された

 

帝京大学宇都宮キャンパスの航空宇宙工学科研究室内に設置された、8N1ISSの無線機器

帝京大学宇都宮キャンパスの航空宇宙工学科研究室内に設置された、8N1ISSの無線機器

 

8N1ISSの無線局免許状

8N1ISSの無線局免許状

 

帝京大学宇都宮キャンパスの屋上に設置された、ISSとの交信用アンテナ。144/430MHz帯のクロス八木で仰角コントロールも可能のようだ

帝京大学宇都宮キャンパスの屋上に設置された、ISSとの交信用アンテナ。144/430MHz帯のクロス八木で仰角コントロールも可能のようだ

 

若田宇宙飛行士を呼び出す、コントロールオペレータの佐藤氏(JF1EUY)。日本宇宙少年団宇都宮緑ヶ丘分団のJAXA宇宙教育リーダーを務めている

若田宇宙飛行士を呼び出す、コントロールオペレータの佐藤 洋氏(JF1EUY)。日本宇宙少年団宇都宮緑ヶ丘分団のJAXA宇宙教育リーダーを務めている

 

マイクを持ちながら、子供たちも若田さんに質問を伝える。緊張と感動が伝わってくる瞬間だ

マイクを持ちながら、子供たちも若田さんに質問を伝える。緊張と感動が伝わってくる瞬間だ

 

「とちぎサイエンスらいおんプロジェクト」のFacebookページにも同イベントの会場風景が掲載されている

「とちぎサイエンスらいおんプロジェクト」のFacebookページにも同イベントの会場風景が掲載されている

 

 

●関連リンク:

・とちぎサイエンスライオン

・とちぎサイエンスらいおんプロジェクト(Facebookページ)

・ハムのラジオ
・「宇宙」と交信、栃木県内の小中生 若田船長と質疑応答(下野新聞)
・【動画】「宇宙」と交信、栃木県内の小中生 ISS・若田船長と質疑応答(下野新聞 DoSOON)

 

●おすすめ記事:

12V(10-13V)→13.8V/18A     激安!DC-DCコンバーター