hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
JARL WAKAMONO アマチュア無線イベント

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > DXCC > <実施は2016年の“夏の終わり”か?>3Z9DXによる北朝鮮からの公式運用が「延期」へ


<実施は2016年の“夏の終わり”か?>3Z9DXによる北朝鮮からの公式運用が「延期」へ

2015年12月20日と21日に北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の平壌から、アマチュア無線の“電撃的”なデモンストレーション運用を行ったポーランド人のDXer、Dom Grzyb氏(3Z9DX)は、2016年1月から2月にかけて行うとしていた公式運用を延期する方針であると、12月31日付けのDX Worldが報じている。現時点の情報では、公式運用は2016年の“夏の終わり”に、ノイズの少ない北朝鮮の農村地帯から行うことを検討しているという。

 

 

P5/3Z9DXをデモンストレーション運用した、ポーランドのDXer、Dom Grzyb氏(ARRL NEWSより)

P5/3Z9DXをデモンストレーション運用した、ポーランドのDXer、Dom Grzyb氏(ARRL NEWSより)

 

 

 以下、1月6日付けのARRL NEWSから抄訳で紹介する。

 

 ポーランドのDXer、Dom Grzyb氏(3Z9DX)は、公式運用のため今年の夏の終わりに北朝鮮へ戻るのを待ち望んでいる。彼は2016年の1月または2月に戻れることをまず最初に期待していた。

 

 P5/3Z9DXは、政府当局者にアマチュア無線のデモンストレーションを行うため、世界で最も要求度の高いエンティティーである北朝鮮から2015年12月20日と21日にオンエアを行い、SSBでのべ785局と交信した。そのほとんどは15mバンドであった。このうち約600局はアジアの局で、北米は26局との交信だった。

 

 Dom Grzyb氏はポーランドの自宅へ到着したことを12月29日にeHam.netに投稿し、「きたる2016年の皆さんの幸福を願い、皆さんのサポートに感謝する」と述べている。

 

 同氏は最近、Daily DXのエディターであるBernie McClenny氏(W3UR)に近況を連絡した。それによると、北朝鮮を訪問中、同国の当局者は親しみやすく礼儀正しかったという。しかし磁気嵐と雑音によって、P5/3Z9DXの各バンドの運用は非常に妨げられた状態だった。アンテナは政府の高層ビルの間にある金属フェンスに約7フィート(約2.13m)の高さで取り付けられた垂直系のもので出力は100Wだったが、雑音はひどく、弱い信号をコピーすることはほとんど不可能だったという。

 

 Dom Grzyb氏が持ち込んだ無線機器類は現在、平壌で保管されている。同氏はこの夏、北朝鮮に戻った際には農村地帯のより静かな場所から運用する予定であるという。(ARRLニュース 1月6日 ※許可を得て抄訳/(C)ARRL)

 

 

 

 

↓過去にhamlife.jpで紹介した「P5/3Z9DX」関連の記事はココをチェック!

 

<20/15/10mで合計796局と交信か>P5/3Z9DX、北朝鮮からのテスト運用を終了し帰国

 

【追記:12月20日(日)突如QRV!】<2016年1月か2月に5日間実施?>北朝鮮から「P5/3Z9DX」の運用計画その後

 

EA5RMとEA7AJRらによる北朝鮮からの運用計画

 

【追記あり】<運用は2016年1月か2月を予定>3Z9DXが北朝鮮(P5)からアマチュア無線の運用許可を取得!!

 

 

 

 

●関連リンク:
・“Official” P5/3Z9DX North Korea Activation Now Set for this Summer(ARRL NEWS)
・P5/3Z9DX Activation of North Korea(DX World)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」