hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > <速報!ライセンスを発給していない!?>JH8RZJ 松田氏がブログで、昨年暮れのP5/3Z9DX運用に関してDPRKから公式声明が出た模様と伝える

<速報!ライセンスを発給していない!?>JH8RZJ 松田氏がブログで、昨年暮れのP5/3Z9DX運用に関してDPRKから公式声明が出た模様と伝える

JH8RZJ 松田氏がブログ「無線のムに濁点」の中の1月13日付け「P5/3Z9DX運用に関して」で、「DPRK(朝鮮民主主義人民共和国:Democratic People’s Republic of Korea)から公式声明が出た模様です。以下引用します」として、「ニュアンスがわからないところもありますが…」と注釈ながら、“ライセンスを発給していないというように読めます”“DPRK国内には無線設備を持ち込んでおらず”“運用があった日には既に国外にいたという内容を伝えています”と興味深い内容を伝えている。

 

 

 

 世界中で最も要求度が高いDXCCエンティティ―の1つである北朝鮮からの予想外の運用が、2015年12月20日から21日の2日間、オペレータの Dom Grzyb氏(3Z9DX)により「P5/3Z9DX」のコールサインで行われたことは記憶に新しい。既報(2015年12月24日記事)のとおりARRLニュースによると、アジアを中心に20/15/10mバンドで合計796局とQSOでたとされる。

 

 地理的な優位性から日本国内でQSOに成功したDXerは少なくないが、DXCCアワードにおける有効なエンティティーとして認められるかが、関心事となっている。DXCCアワードを発行するARRL(米国のアマチュア無線連盟)の発表が待たれるところだが、JH8RZJ 松田氏がブログ「無線のムに濁点」の中で、1月13日に「P5/3Z9DX運用に関して」という北朝鮮からの公式声明という、興味深い書き込みを行った。

 

 

 以下、JH8RZJ 松田氏がブログ「無線のムに濁点」から…

 

 


 

昨年暮れの P5/3Z9DX に関して、DPRK から公式声明が出た模様です。以下引用します。

 

DRP of Korea Offcial Statement about recently P5/3Z9DX activation:

 

 He has never request, formally or un-informally any authorization.
 He visited the DPRK as a normal polish tourist… from Dec 17th until Dec 19th 2015. He never brought with himself any radio equipment inside or outside the DPRK. He left Koryo hotel on Dec 19th and took the train to leave the country at 10:40 am Dec 19th it is not possible that he could transmit from DPRK territory on 20th or 21st December 2015.

 

Signed: Alejandro Cao de Benos, Special Delegate for the Committee for Cultural Relations with FC.

 

ニュアンスがわからないところもありますが、要するにライセンスを発給していないというように読めます。また、DPRK国内には無線設備を持ち込んでおらず、運用があった日には既に国外にいたという内容を伝えています。いずれにせよ ARRL の裁定を待つことになります。

 

う~ン、いわゆるひとつの「味噌がつく」ってやつなのか…

 

追記:ニュースがワンソース(4M5DX Group)のため続報待ちです。

 

GL

 

 

 

JH8RZJ 松田氏のブログ「無線のムに濁点」の中で書き込んだ「P5/3Z9DX運用に関して」

JH8RZJ 松田氏のブログ「無線のムに濁点」の中で書き込んだ「P5/3Z9DX運用に関して」

 

 

 としている。北朝鮮関係者からの電子メールを伝えたfacebook「4M5DX Group」の情報が元だと話しているので、現時点では真偽のほどはわからない。本件に関する今後の情報が待たれる。

 

 一方、今年の1月か2月に予定されていた「P5/3Z9DX」の本運用は、夏の終わりごろに延期されたというアナウンス(1月6日記事)があったものの、北朝鮮当局からの水爆実験成功の発表などで予断を許さない状況である。

 

 

 また“世界中で最も要求度が高いDXCCエンティティ―の1つ”ということで、あるDXerは「海外のDXerの中には資金を集めて、コンディションに左右されにくいお隣の韓国(HL)や日本(JA)にリモート局を設置する計画を立てQSOを狙っているという噂を聞く」と話すなど、話題に事欠かない。

 

 

P5/3Z9DXをデモンストレーション運用した、ポーランドのDXer、Dom Grzyb氏(ARRL NEWSより)

P5/3Z9DXをデモンストレーション運用した、ポーランドのDXer、Dom Grzyb氏(ARRL NEWSより)

P5/3Z9DXをテスト運用したDom Grzyb氏(ARRL NEWSより)

P5/3Z9DXをテスト運用したDom Grzyb氏(ARRL NEWSより)

 

 

 

↓過去にhamlife.jpで紹介した「P5/3Z9DX」関連の記事はココをチェック!

 

 

<実施は2016年の“夏の終わり”か?>3Z9DXによる北朝鮮からの公式運用が「延期」へ

 

<20/15/10mで合計796局と交信か>P5/3Z9DX、北朝鮮からのテスト運用を終了し帰国

 

【追記:12月20日(日)突如QRV!】<2016年1月か2月に5日間実施?>北朝鮮から「P5/3Z9DX」の運用計画その後

 

EA5RMとEA7AJRらによる北朝鮮からの運用計画

 

【追記あり】<運用は2016年1月か2月を予定>3Z9DXが北朝鮮(P5)からアマチュア無線の運用許可を取得!!

 

 

 

 

●関連リンク:
・P5/3Z9DX運用に関して(無線のムに濁点)
・4M5DX Group(facebook)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」