hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
JARL WAKAMONO アマチュア無線イベント

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > メーカー情報 > 【追記:第4ロット申し込み100台突破!】<新たに「純正キャリングベルト」の販売も>新スプリアス規格対応の市民ラジオ(CB)無線機「SR-01」、第4ロット分の申込み受付を告知!


【追記:第4ロット申し込み100台突破!】<新たに「純正キャリングベルト」の販売も>新スプリアス規格対応の市民ラジオ(CB)無線機「SR-01」、第4ロット分の申込み受付を告知!

株式会社サイエンテックスが開発・直販する新スプリアス規格(新規則)に対応した新開発の8ch 500mW出力の市民ラジオ(CB)無線機、ポータブルタイプの「SR-01」。数十年ぶりとなる合法CB機の登場、そして平成34(2022)年12月1日以降も使用できる、新スプリアス基準対応無線機の発売を同社が2016年4月18日に発表するや否や大きな反響となった。

 

 

 

【追記】(2017年5月22日12時10分)

 

 かねてより「ロットが100台に満たない場合は製造を中止」するとして募集していた「SR-01」の第4ロット分の申し込みが100台を突破! 正式に“生産確定”したと、同社Webサイトで5月22日にアナウンスされた。

 

 第4ロットの注文受付期間は2017年4月27日~2017年5月31日(最終日18:00まで)となっている。残りあと僅かだ。詳細は下記の「関連リンク」から確認してほしい。

 

 

株式会社サイエンテックスが開発・販売する新スプリアス基準対応のポータブル市民ラジオ無線機「SR-01」

 

 

 新CB機「SR-01」の予約が開始されると、第2ロットまでの200台分があっという間に締め切られるほどの人気となったが、部品供給などの面から、第3ロットの300台でまずは申し込みを終了するという案内が同社からされていた。

 

 予定通り初回出荷分となる第1ロットの100台分が2016年9月上旬から始まり、第3ロット全数の出荷が完了したことを2017年3月28日に同社のWebサイトで報告。当初は第3ロットで一旦終了という案内が出されていたため、入手を希望するライセンスフリー無線の愛好者、通称“フリラー”を中心に落胆の声が上がっていた。

 

 だが今回、サイエンテックスのWebサイトに「告知」と題して、

 


 

SR-01第4ロットのお申込み … 2017年4月~5月 受付開始予定
※詳細が決まりましたら、このHP上でご案内します。まだ現時点では、お問い合わせいただいても詳細がお伝えできませんので、あらかじめご了承下さい。

 

SR-01用純正キャリングベルトオプション … 2017年5月 発表予定

 


 

 という案内文が公表され話題となっている。

 

 

 

第4ロット分の申し込みとオプションで純正キャリングベルトの販売告知を行った株式会社サイエンテックスのWebサイト

 

 

 

 記述どおり現時点で詳細は不明。第3ロットのほか、オプションで「純正キャリングベルト」も販売される見込みだ。

 

 

 

 

↓この記事もチェック!

 

 

【追記2:初期ロット瞬殺!合計200台の予約埋まる】<新スプリアス規格に適合!>サイエンテックス、8ch 500mW出力の新ポータブル市民ラジオ機「SR-01」開発・発売へ

 

【ハムフェア2016】<で見る!!>ハムフェア初出展、サイエンテックスの市民ラジオ「SR-01」製品版の改良点

 

【追記:メーター照明は追加料金なし!】<動画で見る、こだわり&設計秘話…etc.>本邦初!実動機デモ、開発メンバーによる数十年ぶりの市民ラジオ(CB機)新製品「SR-01」徹底解説

 

<梱包方法や仕様変更点など専用ページに掲載>サイエンテックス、新ポータブル市民ラジオ機「SR-01」いよいよ初回出荷へ

 

 

 

●関連リンク:

・新技適対応 市民ラジオ専用ページ(サイエンテック)
・株式会社サイエンテック

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」