hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 事件・事故 > <重要無線通信妨害対策実施本部を設置>関東総合通信局、トランプ米国大統領来日に伴い5月23日(木)から29日(水)まで24時間の電波監視体制強化


<重要無線通信妨害対策実施本部を設置>関東総合通信局、トランプ米国大統領来日に伴い5月23日(木)から29日(水)まで24時間の電波監視体制強化

関東総合通信局は、トランプ米国大統領来日に伴い、2019年5月23日(木)から29日(水)までの7日間にわたり、電波監視体制強化のため、同通信局に「重要無線通信妨害対策実施本部」を設置し24時間体制で電波監視にあたるとしている。

 

 

 

 2019年5月1日(水)に即位された天皇陛下がお迎えする初の国賓として、ドナルド・ジョン・トランプ米国大統領(The Honorable Donald John Trump, President of the United States of America)および同令夫人が、5月25日(土)から28日(火)の日程で来日する。

 

 来日中は、安倍総理大臣との会談や宮中晩餐会に臨むほか、大相撲の千秋楽の観戦などを予定。5月26日(日)には千葉県茂原市へ移動して安倍総理大臣とのゴルフを楽しむと伝えられている。

 

 関東総合通信局はトランプ米国大統領来日に伴い、携帯電話、放送、警察・消防無線、航空無線、鉄道無線などの重要無線通信に対する混信や電波妨害の発生に備え、5月23日(木)から29日(水)までの7日間にわたり「重要無線通信妨害対策実施本部」を設置し、迅速かつ的確に対応するため24時間にわたり特別電波監視を実施する。

 

 

 

●【電波法80条報告書ひな形付き】総合通信局へ“違法運用”を通報するための「報告書」の書き方から提出先まで

 

 

 

●関連リンク:
・関東総合通信局 トランプ米国大統領来日に伴う電波監視体制の強化-重要無線通信妨害対策実施本部を設置-
・外務省報道発表 トランプ米国大統領の訪日

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」