hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 話題 > ドローンFPV、有資格者(アマ無線技士など)が付き添えば無資格者でも操縦できる方針報道に関心集まる--1月5日(日)~1月11日(土)まで先週の記事アクセスランキングTop10


ドローンFPV、有資格者(アマ無線技士など)が付き添えば無資格者でも操縦できる方針報道に関心集まる--1月5日(日)~1月11日(土)まで先週の記事アクセスランキングTop10

先週のアクセスランキングで1位となったのは、「<北海道新聞が報道>総務省、ドローンFPVは『有資格者(アマチュア無線技士など)が付き添えば、無資格者でも操縦可能とする』方針」。報道によると、総務省はホビーから産業用までさまざまな分野で普及が進むドローン(小型無人機)について、初心者でも操縦がしやすくなるよう電波法の運用を柔軟化する方針を固め、無線カメラを搭載したドローンFPVはアマチュア無線技士などの有資格者が付き添うことで無資格者でも操縦可能となる…という記事に関心が集まった。「FPV(First Person View)」とは「一人称視点」のことで、ドローンレースなどにおいて、ゴーグルを装着した操縦者がリアルタイムでドローンカメラからの映像を見ることができる機能のこと。画像伝送に5GHz帯のアマチュア無線バンドを利用した送信機が使われるケースがあるため、“その送信機の免許人が付き添うことで無資格者も操作可能”という趣旨だが、記事を見てドローン自体の操縦と混同している意見が多くみられた。

 

 

 

 

 

 続く2位は、電波社のアマチュア無線誌「HAM world(ハムワールド)」2020年3月号に関する記事。2020年1月18日(土)に刊行される今号の特集は、「古くなった愛機を復活させよう! オールド無線機 修理のポイント」、第2特集は「移動運用をもっと快適に! ポータブル電源&発電機活用」。そのほか、巻頭新製品情報では「アイコムIC-705実動機レポート」や「資格不要のデジコミ無線機! アルインコDJ-PV1D」など盛りだくさんな内容だ。価格は1,000円(税込)。なお、同誌は前々号から隔月刊化され、奇数月の19日の発売となっている。

 

「HAM world 2020年3月号」の表紙

 

 

 3位は、新スプリアス規格に対応した27MHz帯AMモードの市民ラジオ無線機(8ch 500mW出力)「SR-01」の開発・販売元の「株式会社サイエンテックス」が、2016年8月に株式会社三才ブックスが発刊したムック本「ライセンスフリー無線完全ガイド」の読者特典として、誌面の応募券で入手できた「SR-01機能拡張マル秘マニュアル」を、サイエンテックス社のオンラインショップWebサイトで、「SR-01機能拡張の利用方法」として公開したというニュース。その中には、コマンドの入力で「ローテーションワッチ」や「MIDフィルタの入れ替え」「受信中のSメーターの振れ幅拡大」の操作方法が記載されている。

 


サイエンテックス オンラインショップWebサイトで公表された「SR-01 拡張機能の操作方法」と新スプリアス規格に対応したCB機「SR-01」

 

 

 

 

※タイトルをクリックすると該当記事にジャンプします。

 

 

1)<北海道新聞が報道>総務省、ドローンFPVは「有資格者(アマチュア無線技士など)が付き添えば、無資格者でも操縦可能とする」方針

 

2)<特集「オールド無線機 修理のポイント」「ポータブル電源&発電機活用」>電波社、「HAM world(ハムワールド)」2020年3月号を1月18日(土)に刊行

 

3)<コマンド入力で機能拡張>サイエンテックス、ムック本「ライセンスフリー無線完全ガイド」読者特典だった新スプリアス対応CB機「SR-01 機能拡張マル秘マニュアル」を公開

 

4)<許可を受けずに列車無線基地局の変更工事を実施>信越総合通信局、電波法遵守を徹底するよう「JR東日本 新潟支社」に対して厳重注意

 

5)近畿と東北で発給進む。3エリアは「JP3」のプリフィックスが終了し「JQ3(再指定)」へ--2020年1月7日時点における国内アマチュア無線局のコールサイン発給状況

 

6)<Masaco(JH1CBX)がダイヤモンドアンテナの第一電波工業を訪問>「月刊FBニュース」2020年1月1日号きょう公開

 

7)<希望小売価格は124,800円(税別)、発売は2020年3月下旬を予定>アイコム、ポータブル機「IC-705」発売を正式告知

 

8)<20局交信で特製グッズ贈呈、メーカー各社のクラブ局も参加!! >JARD、1月4日(土)から19日(日)まで一般局も参加できる「HAMtte交信パーティー2020 冬」を開催

 

9)<iOS/Androidの両OSに対応>アイコム、スマートフォンから同社製IPトランシーバーと通話できるアプリ「IP500APP」をリリース!!

 

10)<2020年1月1日から2年間限定>じゃぱん ひなたぼっこの会、「友達(交流都市)を集めてみま賞(略称「フレンドアワード」)」を発行

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」