hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
Radio JARL.com

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 話題 > 臨時体験局/記念局を全国3か所に開設--「ジャンボリー・オン・ジ・エア 2021(JOTA 2021)」期間中の10月16日~17日に「8J1JOTA」「8J2JOTA」「8J3JOTA」が運用

臨時体験局/記念局を全国3か所に開設--「ジャンボリー・オン・ジ・エア 2021(JOTA 2021)」期間中の10月16日~17日に「8J1JOTA」「8J2JOTA」「8J3JOTA」が運用

“ボーイスカウト”に代表されるスカウト運動の世界団体「世界スカウト機構」は、スカウトたちがアマチュア無線の電波を通じて国内各地や外国のスカウト仲間と交信し、お互いを理解し知識と友情を深めることを目的とした公式国際行事「ジャンボリー・オン・ジ・エア 2021(JOTA 2021)」を、各国時間の2021年10月15日(金)0時から10月17日(日)24時までアマチュアバンドの「世界スカウト周波数」で実施する。これに合わせて公益財団法人 ボーイスカウト日本連盟は、全国3か所に臨時体験局/記念局(東京:8J1JOTA、愛知:8J2JOTA、大阪:8J3JOTA)を10月16~17日に開設し運用を行う計画だ。

 

 

昨年のJOTA 2020におけるスカウト局運用風景

 

 

「ジャンボリー・オン・ジ・エアー(JOTA)」は、世界各国のスカウトが電波を通して国際交流を深める行事として、1957年にイギリスで行われた「第9回世界ジャンボリー」で初めて行われ、今年で64回目となる。また最近はJOTAと同趣旨で、インターネットを利用した「ジャンボリー・オン・ジ・インターネット(JOTI)」も同時に開かれている。

 

世界スカウト機構が制定した、JOTA-JOTI2021のシンボルマーク

 

 まず公益財団法人 ボーイスカウト日本連盟が発表した、今年のJOTAの開催内容から抜粋で紹介する。

 


 

◆名称:ジャンボリー・オン・ジ・エア 2021(略称 JOTA 2021)

 

◆目的:
●世界スカウト機構が主催する公式国際行事で、スカウトがアマチュア無線行事に参加し、電波を通じて国内各地や外国のスカウト仲間と交信し、お互いを理解し、知識と友情を深めることを目的とする。

 

●世界的な活動の中でワイヤレスIoT人材の裾野を広げ、若い人材の創出に寄与します。

 

●免許を持たないスカウトも、参加局の交信を聴取し各地や各国のスカウト活動を理解する。

 

●この行事を機会とし、関連するチャレンジ章、技能章の取得を目指す。

 

◆日時:2021年10月15日(金)00:00~17日(日)24:00の72時間
 (世界各国とも、それぞれの標準時間で実施する)

 

◆活動内容:
●国内外のスカウト関係者が、アマチュア無線を通じて誰でも参加することができます。

 

●班、隊、団、地区、県連盟などのグループでそれぞれのプログラムとして実施したり、個人や任意のグループとして参加したりと、参加形態は問いません。

 

(1)アマチュア無線の免許を所有する者
・国内各地や外国のスカウト仲間と交信し、互いの氏名・所属団・所在地・活動状況等を 話し合い、記録する。

 

(2)アマチュア無線の免許を持たない者
・日本では、免許を持たない者の交信は、電波法で禁止されているため、参加局の交信を聴取することによる参加とする。または、体験局として開設する参加局にて交信する。
・ 所属する隊・団・地区・県連盟でプログラムとして実施される場合は、これに参加する。
・ 周辺で実施されない場合は、一般のアマチュア無線局の協力を得て参加する。

 

◆運用方法:
●世界スカウト周波数に定められている下記の周波数、またはその前後の周波数において、スカウト仲間を呼び出すか、応答し交信相手を決めます。

 

●相手局が決まったら、他の周波数に移り交信を開始する。ただし、周波数帯によっては、混信のため移れない状態もあるため注意します。

 

●使用できる周波数と電波形式は、周波数帯ごとに電波法で細かく定められています。

 

●日本アマチュア無線連盟の定める各周波数帯の「アマチュア無線バンド使用区別」に従う。

 

◆参加方法(スカウト局の参加登録・申し込みは省略):
(1)参加局は、電波法その他諸規則を厳格に守り、免許を受けている範囲内で運用します。

 

(2)呼び出しは次の要領により、これに対し応答します。
 無線電話:CQジャンボリー
 無線電信:CQJAM

 


 

 公益財団法人 ボーイスカウト日本連盟の「日本ボーイスカウトアマチュア無線クラブ(JA1YSS/JH1YSS)」は、昨年の「JOTA 2020」に合わせて、初めての臨時体験局/記念局の「8J1JOTA」を開設し、運用期間中にスカウト38名と指導者27名が参加し、アマチュア無線やモールス通信についてを勉強したり、実際の交信に挑戦した。

 

昨年初開設された臨時体験局/記念局の「8J1JOTA」運用風景

 

 今年はさらに規模を拡大し、一般社団法人 日本アマチュア無線連盟(JARL)、一般財団法人 日本アマチュア無線振興協会(JARD)、アイコム株式会社の協力のもと、東京、愛知、大阪の全国3か所に臨時体験局/記念局を開設し、スカウトと関係者が各バンドで体験運用を行う予定だ。

 

<東京会場>
・コールサイン:8J1JOTA
・開設日:2021年10月16日(土)、17日(日)
・運用時間:9:10~16:30
・会場:ボーイスカウト日本連盟 スカウト会館(東京都杉並区下井草)
 ※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、公開運用は行わない
・参加対象:スカウト関係者のみ(事前申込制)

8J1JOTAのQSLカード

 

<愛知会場>
・コールサイン:8J2JOTA
・開設日:2021年10月16日(土)、17日(日)
・運用時間:10:10~16:30
・会場:廣徳寺(愛知県知多郡美浜町)
 ※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、公開運用は行わない
・参加対象:スカウト関係者のみ(事前申込制)

8J2JOTAのQSLカード

 

<大阪会場>
・コールサイン:8J3JOTA
・開設日:2021年10月16日(土)、17日(日)
・運用時間:09:10~16:30
・会場:池田市民文化会館(大阪府池田市)
 ※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、公開運用は行わない
・参加対象:スカウト関係者のみ(事前申込制)

8J3JOTAのQSLカード

 

 JOTA期間中は、これ以外にも全国各地からスカウト局の運用が行われるという。JOTA関係者は「一般局の皆様も、スカウト局1局以上と交信をすると、ボーイスカウト日本連盟 JOTA-JOTIホームページでアンケートにお答えいただいた後に“JOTA-JOTI 2021参加証”がダウンロードできるよう準備が進んでおります。どうぞ優しく温かく応援をお願い申し上げます」と述べている。

 

 

 

●関連リンク:
・JOTA-JOTI 2021(公益財団法人 ボーイスカウト日本連盟)
・ジャンボリー・オン・ジ・エア 2021実施要領 PDF(公益財団法人 ボーイスカウト日本連盟)
・Jamboree on the Air -Jamboree on the Internet(世界スカウト機構)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
充電式ニッケル水素電池 単3形8個セット (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)