hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > DXCC > <FT8の新しい方式「FT8 DXペディションモード」による運用も>JAオペレーターも参加!6月27日から7月6日まで、KH1/KH7Zベーカー島DXペディション


<FT8の新しい方式「FT8 DXペディションモード」による運用も>JAオペレーターも参加!6月27日から7月6日まで、KH1/KH7Zベーカー島DXペディション

アメリカ合衆国魚類野生生物局管轄で国立野生保護区に指定されている北太平洋にあるアメリカ領の無人島「ベーカー島」。2002年の「K1B」の運用から実に16年ぶりとなる本格的なDXペディションが、現地時間の2018年6月27日から7月6日まで(現地時間は日本時間ー21時間)実施される。今回は世界的に人気のデジタル通信「FT8」の中でも、より多くの局と短時間でQSOが可能だとされるFT8の新しい方式「FT8 DXペディションモード」での本格的な運用に期待が高まっている。

 

ベーカー島 2018 DXペディション日本向け支援チーム日本語サイト

 

 

 いよいよ北太平洋にあるアメリカ領の無人島「ベーカー島」からのDXペディションが、現地時間の2018年6月27日から7月6日まで行われる。すでにメンバーも出発地点となるアメリカンサモア(アメリカ領サモア)へ集合。6月22日(金)にはベーカー島へ向けてアメリカンサモアを出航する。

 

 運用は160mバンド(1.9MHz帯)から6mバンド(50MHz帯)まで、各モードでサービスが実施される。またモード別にオンエアーする目安となる周波数も予め決められている。詳しくは、下記の「運用プラン」を参考にするといいだろう。

 

 

W1/KH7Zベーカー島DXペディション運用プラン(KH1/KH7Z Webサイトから)

 

 

 バンドやモードを選ばなければ、コンディション次第で国内からも比較的、交信しやすい地域でもある。またJAからのオペレーター(田沼氏・JN1THL/JA8CDG)が運用に参加することも心強い。16年ぶりとなる同島からのDXペディションに期待が高まっている。

 

 

 ベーカー島 2018 DXペディション日本向け支援チームから、以下の案内が行われている。

 

 


 

「KH1/KH7Z」DXペディションについて

 

 

 いよいよ「KH1(米国国立野生生物保護区ベーカー島)」のDXペディションが間近に迫ってきました。

 

 コールサインは「KH1/KH7Z」で、運用期間は現地時間の6月27日から7月6日までの予定です(現地時間は日本時間ー21時間)。

 

 日本からオペレーターとして参加する田沼氏(JN1THL/also JA8CDG)が、6月15日(金)に羽田から集合地点のKH8(アメリカンサモア)へ向け出発しました。

 

メンバーの1人として、6月15日(金)に東京・羽田空港からアメリカンサモアへ出発する田沼 健氏(JN1THL/JA8CDG)

 

 KH1は過去25年間を見ても、1993年の「AH1A」と2002年の「K1B」の二度しか、大型DXペディションが行われていません。Club LogのDXCC モストウォンテッド・リストでも、現在第5位と珍エンティティです。とはいえ、ベーカー島はハワイの南西約 3,090kmですから、日本からの交信はバンドを選べばそれほど難しくないと期待できます。

 

 運用期間は現地時間で以下の予定です。(現地時間は日本時間ー21時間)

 

 6月20日(水) アメリカンサモアにチームメンバー集合
 6月22日(金) アメリカンサモアより出航
 6月27日(水) ベーカー島に到着 設営開始
 7月6日(金) 撤収作業開始
 7月7日(土) ベーカー島よりフィジーに向けて出航

 

 

 また、今回はFT8 DXpedition Modeでの運用が予定されていますが、通常のFT8モードでは交信できないため、注意が必要になります。

 

 FT8モードで「KH1/KH7Z」と交信するためには、日本から呼ぶ私たちもFT8のDXペディションモードで運用する必要があるのです。

 

 FT8のDXペディションモードは、現時点では「WSJT-X」でしかサポートされていません。JTDXにはこの機能はありません。詳しくは次のURLで示す「KH1/KH7Z」の日本語サイトを参照してください。
http://www.jouban.net/baker2018/index.html

 

 

 なお、「KH1/KH7Z」の英語サイトでは、チームのブログが以下のURLアドレスで公開されています。
http://kh7z.net/

 

 

ベーカー島 2018 DXペディション
日本向け支援チーム

 

 

 

 

↓この記事もチェック!

 

【追記:4月7日(土)に2回目のテスト実施】<3月7日(日本時間)に実施!500以上のコールサインを獲得>FT8の新しい方式「FT8 DXペディションモード」フィールドテストの結果を公表

 

<対応ソフト「WSJT-X version.1.9.0-rc2」で参加しよう!>3月7日(日本時間)、FT8の新方式「DXペディションモード」の世界的な予行演習を実施

 

<ハムフェア会場でもドネーションを受け付け>2018年6月、ベーカー島(KH1)DXペディションを実施、JAオペレーターも参加!!

 

 

 

●関連リンク:
・ベーカー島 2018 DXペディション日本向け支援チーム日本語サイト
・ベーカー島 2018 DXペディション英語サイト
・FT8 DXpedition modeを使用してKH1/KH7Zと交信するために (日本語マニュアル/PDF形式)
・FT8 DXペディションモードユーザーガイド(日本語マニュアル/PDF形式)
・WSJT-X 最新バージョンダウンロード(WSJT-X)
・ベーカー島(ウィキペディア)

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」