hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > ソフトウエア情報 > < MCP-9Bも更新>JVCケンウッド、351MHz帯デジタル簡易無線機(登録局)「TPZ-D510」の新ファームウェア Version 1.05を公開!!


< MCP-9Bも更新>JVCケンウッド、351MHz帯デジタル簡易無線機(登録局)「TPZ-D510」の新ファームウェア Version 1.05を公開!!

株式会社JVCケンウッドは2018年6月20日、351MHz帯デジタル簡易無線登録局のハンディ機「TPZ-D510」の新ファームウェア(Version 1.05)を公開した。また同機種用のメモリーコントロールプログラム(フリーソフトウェア)「MCP-9B」の新バージョン(Version 1.02)も同日公開された。

 

 

JVCケンウッドの351MHz帯デジタル簡易無線登録局「TPZ-D510」

 

 

●TPZ-D510の新ファームウェア、Version 1.05のおもな変更点(2018年6月20日)

 

・一括入力設定の値が、現在使用していない種別コードの運用チャンネルにも反映されるように動作を改善しました。

 

 

●メモリーコントロールプログラム「MCP-9B」の新バージョン、Version 1.02のおもな変更点(2018年6月20日)

 

・無線機から読み込んだデータの一部が正しく表示されない場合がある不具合を改善しました

 

 

 なおTPZ-D510のファームウェア更新やメモリーコントロール用プログラムMCP-9Bの導入・更新には、パソコンとTPZ-D510とを接続するオプションのプログラミングケーブル KPG-186Uが必要になる。詳細は下記関連リンク参照のこと。

 

 

 

●関連リンク:
・TPZ-D510 ファームウェアアップデートプログラム Version 1.05(JVCケンウッド)
・TPZ-D510 メモリーコントロール用プログラム MCP-9B Version 1.02(JVCケンウッド)

 

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」