hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > DXCC > <今年最低値レベルまで低下!>太陽黒点数(SSN=サンスポットナンバー)が50台へダウン!! その一方でコンディションはそれほど悪くない!?


<今年最低値レベルまで低下!>太陽黒点数(SSN=サンスポットナンバー)が50台へダウン!! その一方でコンディションはそれほど悪くない!?

「太陽黒点情報 – 宇宙天気情報センター」の発表によると、4月24日に太陽黒点数が100を切り、その後は小刻みに上下を繰り返していたのだが、5月29日(木)に「55」、30日に「56」と、今年最低レベルまでSSNが低下した。その一方でコンディションはそれほど悪くない状況だ。

 

 

小刻みにアップダウンを繰り返していて、なかなか上昇傾向が見られない

小刻みにアップダウンを繰り返していて、なかなか上昇傾向が見られない

 

 ここ数日で、一気に太陽黒点数が50台までダウンしてしまった。ところが、既報のとおり5月31日記事、5月30日(金)の午後には、50MHz帯でEスポのマルチホップと思われる伝搬によりヨーロッパ方面がオープンしたり、21MHz帯では深夜の午前0時前後までヨーロッパやアフリカの一部の局が聞こえるなど、それほどコンディションの悪さは感じない。

 これはSSNより、地球の電離層の目安となる太陽エネルギー強度の数値(SFI)が、想像以上に悪くないためと思われる。本来、SSNとSFIは連動するが、現在のコンディションはSFIが優っている状況のようだ。

 このほか、「サンスポットナンバー」が太陽側のコンディション数値ならば、地球側の地磁気活動を表す「A-Index」や「K-Index」も安定していることなどが起因していると思われる。

 

「太陽黒点情報 - 宇宙天気情報センター」のWebサイトに表示されている2014年5月30日の太陽黒点映像

「太陽黒点情報 – 宇宙天気情報センター」のWebサイトに表示されている2014年5月30日の太陽黒点映像

 

太陽黒点数=サンスポットナンバーが今年最低レベルの50台まで低下した(同Webサイトから)

太陽黒点数=サンスポットナンバーが今年最低レベルの50台まで低下した(同Webサイトから)

 

今年に入ってからの太陽黒点数(SSN=サンスポットナンバー)の状況

今年に入ってからの太陽黒点数(SSN=サンスポットナンバー)の状況

 

 

●関連リンク:
・太陽黒点情報 – 宇宙天気情報センター

・宇宙天気ニュース

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」