hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 話題 > 1位は「第21回 関西アマチュア無線フェスティバル」、通称“関ハム”の現地リポート--7月17日(日)~7月23日(土)まで先週の記事アクセスランキングTop10

1位は「第21回 関西アマチュア無線フェスティバル」、通称“関ハム”の現地リポート--7月17日(日)~7月23日(土)まで先週の記事アクセスランキングTop10

先週のアクセスランキング1位となったのは、7月16日(土)と17日(日)の2日間、大阪府池田市で開催された「第21回 関西アマチュア無線フェスティバル」、通称“関ハム”の現地リポート記事だった。朝早くから多くのハムが開場を待ちわびるなか、午前10時にJARL高尾会長(JG1KTC)をはじめ、JARD有坂会長(JA1HQG)、アイコム株式会社の井上会長(JA3FA)、大阪府池田市の倉田市長らによるテープカットで、今年の関ハムがスタート。八重洲無線が発売を予定しているHF~50MHz帯のオールモードコンパクト機、FT-891の実機デモのほか、初お披露目された第一電波工業の新・無線デモカーなど、注目の展示も多く関心を集めた。さらに、フリーマーケットや、販売ブースで掘り出し物を物色する人たち、催事を見る人たちで会場はどこも人だかりでいっぱいだ。記事でその賑わいを多数の画像とともに紹介している。主催者側の発表によると1日目が4,500人、2日目が4,000人でのべ9,500人が会場を訪れたという。

 

admin-ajax.php_

 

 

 

 続く2位は、「<事前にチェック!会場内のブース配置図>過去最大の234団体が参加する『ハムフェア2016』、企業、クラブ出展ブースの小間割りが判明!」。こちらは、8月20日(土)、21日(日)に東京都江東区有明の東京ビッグサイトで開催される「アマチュア無線フェスティバル(ハムフェア2016)」の関連記事。その出展団体(企業、クラブなど)向けの会場ブース配置が判明したというもの。一般的なイベントであれば、主催者側から事前に「会場内のブース配置図」が公表されるものだが、ハムフェアの場合は従来から開催当日に会場入口で配付されるプログラムを見て、お目当ての出展団体の位置やブース番号が初めて確認できる状況なのだ。一般来場者にとって、大いに役立つ情報に違いない。

 

 3位には、“日本で一番新しいBCLクラブ”という「秋葉原BCLクラブ」の会員募集がランクイン。同会では「電波に国境はありません。日本全国、全世界からのご入会を歓迎します」として、BCL愛好家を対象に会員募集を告知している。ハムフェア2016では「BCLは趣味の王様」をキャッチフレーズにクラブ展示を行い、全国から来場するBCL仲間をもてなすほか、東京・秋葉原で隔月にミーティングの開催、「BCL大好きマガジン」の発行、全国各地でオフ会(アイボール会)の開催、さらにDXペディション(受信会)を予定している。短波帯の国際放送や国内のAM/FM放送を聞いて楽しむ「BCL(Broadcasting Listening/Listeners)」ファンも多いだけに、今回の「秋葉原BCLクラブ」の誕生は話題となった。

 

 

 

 

※タイトルをクリックすると該当記事にジャンプします。

 

 

1)【KANHAM2016】<写真速報>「第21回 関西アマチュア無線フェスティバル」の会場スナップ

 

2)<事前にチェック!会場内のブース配置図>過去最大の234団体が参加する「ハムフェア2016」、企業、クラブ出展ブースの小間割りが判明!

 

3)<「秋葉原BCLクラブ」会員募集>ハムフェア2016「BCLは趣味の王様」で全国から来場するBCL仲間をおもてなし!

 

4)<免許を受けずに業務用無線局を開設!>東北総合通信局、女性無線従事者(第三級陸上特殊無線技士)に対し43日間の行政処分

 

5)<包括免許は無線局との整合性、電波監理上の影響等から困難!>総務省「電波政策2020懇談会」報告書と意見募集の結果を公表

 

6)<総務省、規制の簡素合理化勧告に対する改善措置状況を公表>アマチュア無線の“免許手続等の簡素化合理化”について平成30年度に施行予定と回答

 

7)<機能改善および最適化>八重洲無線、FTDX3000シリーズの新ファームウェアを公開

 

8)<参加自由!宇宙から届く音楽を聞いてみよう>7月18日(月・祝)、九州工業大学で超小型アマチュア衛星「鳳龍四号」の信号を受信体験

 

9)<1670.5kHzの“灯台放送”さようなら…>海上保安庁、「船舶気象通報局」などの情報提供手段を終了へ

 

10)<JARD、この1年間の「2アマ養成課程」の実施状況を発表>修了試験合格率はeラーニング98%、集合講習100%で「541名」の2アマが誕生!!

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」