hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)
一般社団法人 日本アマチュア無線連盟

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > 話題 > 1位は、アルインコが超小型モデルの特定小電力トランシーバー新製品「DJ-P321」を発表!--2月9日(日)~2月15日(土)まで先週の記事アクセスランキングTop10

1位は、アルインコが超小型モデルの特定小電力トランシーバー新製品「DJ-P321」を発表!--2月9日(日)~2月15日(土)まで先週の記事アクセスランキングTop10

先週のアクセスランキングで1位は、アルインコ株式会社がハンディタイプの特定小電力トランシーバー「DJ-P321」を2月下旬から発売開始すると発表したニュース。突起物を除くサイズが46.8W×74.8H×20.3Dmm、電池を除く質量が約82g(Mタイプ)という超小型モデルで、単3アルカリ乾電池1本を使用し約33時間動作する。メーカーでは「こんなに小さくても、本格的な業務用トランシーバーです」と説明している。交互中継を含む交互通話モードで全47chに対応し、送信出力は10mW/1mWの切り替えもできるほか、最新の上位機種で使われている機能を贅沢に採用。ブラックボディのロングアンテナタイプ(L)と3色展開のミドルアンテナタイプ(M)がラインアップし、標準価格はいずれも19,800円(税別)。

 

 

アルインコの特定小電力トランシーバー、DJ-P321(ミドルアンテナ採用のMタイプ)

 

 

 

 続く2位は、「<これまで『不公表』だった警察や消防などの無線局情報が一部公表へ>総務省、公共業務用無線局等の“公表制度の見直し”について意見募集」。総務省通信基盤局は、公共業務用無線局等の免許状記載事項等の公表に係る制度整備のため、電波法施行規則等の一部を改正する省令案等を作成し、2020年2月8日(土)から3月9日(月)まで広く意見募集を行っている。今回の省令案等では、免許状記載事項等が不公表となっている公共業務用無線局等について、免許状記載事項等の5項目(免許人の名称、無線局の種別、無線設備の設置場所または移動範囲、周波数帯、無線局の目的)を一部公表。さらに航空無線航行業務に使用する電波の型式および周波数等を定める告示の廃止などを行うとしていることから、ユーティリティ無線の受信ファンの間では、警察や消防などの無線局情報が“ある程度”見られるようになるかもしれない!?と話題になっている。

 

 

総務省が公表した「公共業務用無線局等の免許状記載事項等の公表に係る概要」

 

 

 

 3位は、CQ出版社から2月19日(水)に発売される、アマチュア無線界で唯一の月刊誌、「CQ ham radio」2020年3月号の内容に関する情報。特集は「使うと便利! アンテナ・チューナ活用のススメ」。別冊付録として「読者が語る ハムのお勧めジャンル」が付く。そのほか、「ユーザー・レポート」では、「八重洲無線 HF/50MHzオールモード・トランシーバ『FT-891』」「JVCケンウッド HF/50MHzトランシーバ『TS-890』」「アパマン・ハムのIC-9700活用 1200MHzへの期待 編」「第一電波工業 窓・ドア隙間すり抜けケーブルセット『MGC50』」などが。「ファースト・インプレッション」には「コメット HF~430MHzマルチバンド・アンテナ」、「テクニカル・セクション」では「DSPチップを使った短波受信機の試作」「7MHz→中波 コンバータの製作」と盛りだくさんな内容だ。価格は990円(税込)。

 

 

「CQ ham radio」2020年3月号表紙

 

 

 

※タイトルをクリックすると該当記事にジャンプします。

 

 

1)<“こんなに小さくても、本格的な業務用トランシーバーです”>アルインコ、特定小電力トランシーバーの新製品「DJ-P321」を発表

 

2)<これまで「不公表」だった警察や消防などの無線局情報が一部公表へ>総務省、公共業務用無線局等の“公表制度の見直し”について意見募集

 

3)<特集は「アンテナ・チューナ活用のススメ」、別冊付録は「読者が語る ハムのお勧めジャンル」>CQ出版社が月刊誌「CQ ham radio」2020年3月号を刊行

 

4)<QSL印刷の定義、デジタルモード(FT8など)に対応>アマチュア無線業務日誌ソフト「Turbo HAMLOG」が2月11日にバージョンアップしてVer5.28cを公開

 

5)【名簿掲載】<12日18時現在で理事候補に14名、社員に62名が立候補>JARL、「令和2年通常選挙」の立候補受付状況を中間発表

 

6)<徹底解説「八重洲無線 FT-891で組むFT8運用システム」>CQ出版社が「別冊CQ ham radio QEX Japan No.34」を刊行

 

7)<関東エリア内のアマチュア局とSWLが対象>JARL関東地方本部、2月11日(火・祝)9時から15時まで「第37回 関東UHFコンテスト」開催

 

8)<「いい加減にしてくれ」の声も…>続出する「ありえない激安価格」の無線機通販サイト、今度は長野県の無線ショップのデータを盗用か

 

9)<希望小売価格は124,800円(税別)、発売は2020年3月下旬を予定>アイコム、ポータブル機「IC-705」発売を正式告知

 

10)<無資格者の利用機会拡大、1.9/3.5MHz帯のバンド追加割当て、FT8などの申請簡素化…etc.>総務省、アマチュア無線に係る制度整備案に対し2月17日まで意見募集

 

 

 

●おすすめ記事:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
航空バンド&レコーダーetc.多機能ラジオ「HRD-737」