hamlife.jp(ハムライフ・ドット・ジェーピー)

注目キーワード:

hamlife.jp > ニュース > イベント > <会場内の写真掲載>アイコム、米国「ハムベンション2022」で SHF-P1プロトタイプを世界初展示

<会場内の写真掲載>アイコム、米国「ハムベンション2022」で SHF-P1プロトタイプを世界初展示

2022年5月20日から22日まで、米国オハイオ州で世界最大級のアマチュア無線イベント「Hamvention(ハムベンション)2022」が3年ぶりに開催された。会場ではアイコムが今年4月にデザインスケッチを公表した2.4/5.6GHz帯の2バンド機「SHF-P1」のプロトタイプを世界初展示した。同イベントの参加者から提供された写真で、会場内の模様とともに紹介しよう。

 

 

ハムベンション2022のアイコムブース

 

 

 3年ぶりに開催された「Hamvention(ハムベンション)」。70周年の記念開催となったがコロナ禍の影響はいまだ収まらず、日本メーカーではJVCケンウッドとアルインコが出展を見送るなど、これまでとは少々違う状況となっていたようだ。

 

 そんな中、会場で最も注目された新製品は、アイコムの2.4/5.6GHz帯2バンド機「SHF-P1」だった。このモデルは同社の「SHF帯プロジェクト」として開発中の製品で、今年4月にデザインスケッチが公表されていたが、プロトタイプの展示はハムベンションが世界初となった。

 

 コントローラー部分のサイズはポータブル機のIC-705と同じ。またアンテナ直下に取り付ける本体(RFモジュール)は同社のオートアンテナチューナー「AH-4」よりもやや小ぶりな印象だ。

 

世界初展示された「SHF-P1」プロトタイプのコントローラー部分。デザインはIC-705によく似ているが一部のボタン表示が異なる

世界初展示された「SHF-P1」プロトタイプ。手前がコントローラー部分、右奥がRFユニット部分

「SHF-P1」のRFユニット部分。同社のATU「AH-4」よりもやや小ぶりな印象。黒い棒状のものはGPSアンテナ

「SHF-P1」のRFユニット部分を上部から見たところ

「SHF-P1」のRFユニット部分のマストパイプ固定方法と接続用LANケーブル

 

 また会場で配布されたリーフレットによると、「2.4GHz帯と5.6GHz帯をカバー」「電波型式はオールモードで(D-STARの)DV/DDモードにも対応」「RFユニットへの給電はLANケーブルで行う」「ワイドスパンのリアルタイム・スペクトラムスコープを搭載」「GNSS(GPS)受信機から、高精度な1PPSのクロック信号を取得し、OCXOの周波数を高精度に補正」などの特徴が書かれていた。

 

会場で配布された「SHF-P1」のリーフレット(表面)

会場で配布された「SHF-P1」のリーフレット(裏面)

 

 このほか日本では3年前「ハムフェア2019」の会場で初公開されているHF+50MHz帯の新型リニアアンプ「IC-PW2」を今回、米国内でも初公開。IC-PW1が生産終了になっていることもあり、こちらも注目を集めた。

 

日本では「ハムフェア2019」で展示されたHF+50MHz帯リニアアンプ「IC-PW2」も注目を集めた。正式発売が待たれる1台だ

 

 

こちらの記事も参考に

<コンセプトモデル「SHF-P1」のデザインスケッチ初公開>アイコム、開発中の「2.4GHz帯、5.6GHz帯に対応するアマチュア無線機」最新情報を掲載(2022年4月15日掲載)

 

 

【ハムフェア2019】PDF資料公開!!<SO2R運用に1台で対応>アイコム、HF+50MHz帯 1kWリニアアンプ「IC-PW2」を発表!!(2019年8月31日掲載)

 

 

 参加者からhamlife.jpに届いた、その他の「ハムベンション2022」の写真は次ページに掲載する。

 

 

 

1 2

●いったん広告です:

レビュー評価高い Amazonベーシック アルカリ乾電池 単3形20個パック
充電式ニッケル水素電池 単3形8個セット (最小容量1900mAh、約1000回使用可能)